女性が相談しやすい弁護士・司法書士事務所をご紹介!

男性でも借金の問題はなかなか他人に相談しづらいものですが、女性の場合はなおさら、その傾向が強いものです。債務整理の相談を受け付けている弁護士・司法書士の事務所は数多くあっても、

「男性の弁護士・司法書士には話しにくい」
「高圧的な態度で怒られないか不安」

といった気持ちが先立ち、一人で悩んでいる女性も多いことでしょう。

しかし、借金を放置していては何も解決しません。ますます苦しい状況に追い込まれることにもなりかねません。

そこで、ここでは債務整理について無料相談できる女性専用窓口を設けている、おすすめの弁護士・司法書士の事務所をご紹介します。ランキング形式でご紹介しますが、口コミや評判が高い事務所ばかりです。

どの事務所も全国対応しており、電話やメールで問い合わせればすぐにサポートしてくれます。借金問題の解決に向けて、お気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

また、本記事の後半では、女性特有の借金の悩みや、女性の債務整理で弁護士・司法書士を選ぶ際にチェックすべきポイントなどもご説明しますので、参考になさってください。

事務所の特徴と強み

当事務所は債務整理に専門特化した司法書士事務所です。たくさんの女性の借金問題を解決してきました。女性のお気持ちに配慮した対応をしますので是非ご相談ください。
お問い合わせはこちら
所在地〒541-0047 大阪府大阪市中央区淡路町1-4-9 TPR北浜ビル7階
代表川﨑 純一
受付時間電話:09:00~21:00(平日)、10:00~18:00(土日)、メール:24時間受付
対応エリア全国対応
当事務所は債務整理に専門特化した司法書士事務所です。たくさんの女性の借金問題を解決してきました。女性のお気持ちに配慮した対応をしますので是非ご相談ください。

1.評価が高い理由

  • 24時間受付・全国対応
  • 着手金後払い・分割払い
  • 秘密厳守

2.料金の目安

  • 【任意整理】5.5万円 + 過払い金回収額の19.8%
  • 【個人再生】住宅賃金特別条項あり:38.5万円
  • 【自己破産】同時廃止:27.5万円
  • 【過払い金請求】1.1万 + 回収額の19.8%
※税込価格

事務所の特徴と強み

当司法書士事務所は女性の多重債務や違法金融からの借り入れなど様々な案件に対応してきた実績があります。女性専用窓口を設けていますので、ご相談時に「女性スタッフ希望」とお伝え下さい。
お問い合わせはこちら
所在地〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満2-9-1 若杉センタービル本館7F
代表奥野 正智
受付時間24時間受付
対応エリア全国対応
当司法書士事務所は女性の多重債務や違法金融からの借り入れなど様々な案件に対応してきた実績があります。女性専用窓口を設けていますので、ご相談時に「女性スタッフ希望」とお伝え下さい。

1.評価が高い理由

  • 24時間受付/全国対応
  • 着手金/後払い・分割払い可能
  • 家族・会社への秘密厳守
  • 減額報酬なし

2.料金の目安

  • 【任意整理】1社 1.1万円~11万円
  • 【個人再生】住宅ローン特則なし:52.8万円~
  • 【個人再生】住宅ローン特則あり:58.3万円~
  • 【自己破産】47.3万円~(管財事件は + 5.5万円)
  • 【消滅時効の援用】1社 3.3万円~
  • 【過払い金請求】1社 1.1万円 + 回収額の22%
※税込価格
新大阪司法書士

事務所の特徴と強み

新大阪司法書士事務所は「女性に優しく相談しやすい事務所」をモットーにしています。借金でお困りの方の女性専用窓口を用意しています。電話ご相談時に女性カウンセラーと話したい旨をお伝え下さい。
お問い合わせはこちら
所在地〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-20-12 ユニゾーン新大阪518号
代表金井一美
受付時間24時間365日
対応エリア全国対応
新大阪司法書士事務所は「女性に優しく相談しやすい事務所」をモットーにしています。借金でお困りの方の女性専用窓口を用意しています。電話ご相談時に女性カウンセラーと話したい旨をお伝え下さい。

1.評価が高い理由

  • 女性専用の相談窓口あり
  • 夫や家族にバレずに対応
  • 依頼者に合った解決方法を提案
  • 分割・事後払いOK

2.料金の目安

  • 【相談・着手金】無料
  • 【過払い金】2.2万円〜
  • 【任意整理】2.2万円〜
  • 【個人再生】38.5万円〜
  • 【自己破産】27.5万円〜
※税込価格
※分割払い・事後払い可能
みつ葉司法書士

事務所の特徴と強み

司法書士や法律スタッフが60名在籍する債務整理に強い事務所です。女性カウンセラーも多数いますので、お電話で「女性担当希望」とおっしゃって下さい。より良い解決方法をご提案いたします。
お問い合わせはこちら
所在地〒105-0001 東京都港区虎ノ門5-12-11 NCOメトロ神谷町4階・5階
代表宮城 誠
受付時間電話:09:00~18:00(平日)、メール:24時間受付
対応エリア全国対応
司法書士や法律スタッフが60名在籍する債務整理に強い事務所です。女性カウンセラーも多数いますので、お電話で「女性担当希望」とおっしゃって下さい。より良い解決方法をご提案いたします。

1.評価が高い理由

  • メディア出演多数【実績の証】
  • スタッフ全員で依頼者をサポート
  • 債務整理に注力する司法書士事務所
  • 家族・会社にバレない手続きに強み

2.料金の目安

  • 着手金5.5万円 + 報酬金1.1万円 + 過払い報酬22%
※ 税込価格
ベリーベスト法律事務所

事務所の特徴と強み

ベリーベスト法律事務所は全国に50以上もの拠点を持つ大手弁護士事務所です。借金案件に強い女性弁護士や女性法律事務員もたくさん勤務しています。もちろん女性弁護士の指名も可能です。借金問題は必ず解決できます。
お問い合わせはこちら
所在地〒106-0032 東京都港区六本木1-8-7 MFPR六本木麻布台ビル11階
代表萩原 達也
受付時間電話:09:30~21:00(平日)、09:30~18:00(土日)、メール:24時間受付
対応エリア全国対応
ベリーベスト法律事務所は全国に50以上もの拠点を持つ大手弁護士事務所です。借金案件に強い女性弁護士や女性法律事務員もたくさん勤務しています。もちろん女性弁護士の指名も可能です。借金問題は必ず解決できます。

1.評価が高い理由

  • 全国に50拠点~の大手法律事務所
  • 債務整理専門の弁護士在籍
  • 大手事務所ならではの安心サポート
  • 分割払い・後払い可能

2.料金の目安

  • 【過払い金】2.2万円 + 減額できた金額の11% + 回収金額の22%~
  • 【任意整理】2.2万円 + 減額できた金額の11% + 手数料4.4万円
  • 【個人再生】55万円 + 手数料4.4万円
  • 【自己破産】33万円 + 手数料4.4万円
※ 税込価格
アース司法書士事務所

事務所の特徴と強み

事務所創設以来、借金問題をライフワークに取り組む司法書士事務所です。女性依頼者の債務整理はたくさんの件数を扱ってきました。「家族に内緒」「バレずに手続き」など、秘密厳守で手続き可能です。司法書士と女性スタッフが連携して解決サポートします。
お問い合わせはこちら
所在地〒530-0038 大阪府大阪市北区紅梅町1-7 久幸ビル4階
代表近藤 陽介
受付時間電話:09:30~18:00(平日)、メール:24時間受付
対応エリア全国対応
事務所創設以来、借金問題をライフワークに取り組む司法書士事務所です。女性依頼者の債務整理はたくさんの件数を扱ってきました。「家族に内緒」「バレずに手続き」など、秘密厳守で手続き可能です。司法書士と女性スタッフが連携して解決サポートします。

1.評価が高い理由

  • 債務整理に専門特化した事務所
  • 分かりやすい料金サービス
  • 誠実な対応がモットー
  • 着手金・減額報酬なし

2.料金の目安

  • 【任意整理】着手金 1社につき1.1万円(完済済は0円) + 過払い金回収金額20%(訴訟は25%)
  • 【個人再生】11万円~ + 実費
  • 【自己破産】8.8万円~ + 実費
※税込価格

女性弁護士
女性であっても、一般的な弁護士・司法書士の事務所へ債務整理を依頼することに何ら問題はありません。

ただ、女性の借金問題は男性の場合とは異なる事情や特徴があることが多いものです。そのため、女性専用窓口がある事務所の方が相談しやすいでしょうし、さまざまな配慮もしてもらえます。

以下では、借金問題を抱えた女性に知っておいていただきたいことをご説明します。

借金を抱える女性の特徴

男女に共通する借金の原因として、生活費の不足、飲み代、ギャンブル等が挙げられます。女性の場合は、その他にも以下のような事情で借金を抱えてしまう人が少なくありません。

思うように収入が得られない

職種や個人の努力にもよりますが、一般的に賃金は男性よりも女性の方が低いものです。女性が高収入を得るためには専門的な資格を取得するか、男性よりも多くの努力が要求されるのが実情です。

思うように収入が得られないため、特に独身の女性は生活費が不足し、借金をしてしまうことがあるでしょう。

夫の収入が低く生活費が足りない

既婚者では、妻が家計の管理をしていることが多いことでしょう。夫も妻も「家計をやりくりするのは妻の仕事」と考えていることが多く、生活費が足りなくても妻は夫に言い出しにくいものです。

自分で何とかしようと考え、キャッシングやカードローンで生活費の不足を補ってしまう妻も少なくありません。

ファッションや美容にお金がかかる

女性は男性よりも身だしなみに気を遣う傾向がありますが、女性のファッションや美容にはお金がかかります。ブランド品を好む人や、高額のエステ等に通う人の割合も、男性よりは女性の方が圧倒的に高いものです。

ブランド品の購入やエステの代金等を支払うためにローンを組む女性も多く、その返済が生活費を圧迫して借金が膨らんでしまうこともあります。

買い物でストレスを解消することが多い

ストレスの解消法は男女で傾向が異なり、女性の中には買い物でストレスを解消する人も多くいます。クレジットカードのリボ払いを利用して買い物を繰り返すと、気付いたときには返済できないほどに利用残高が膨らんでいることにもなりかねません。

買い物依存症に陥り、借金をしてまで不要なものを次々に買う人も少なくありません。

交際や催し事への参加を断りにくい

女性は一般的に男性よりも人間関係を重視します。そのため、友人・知人との付き合いや、仕事関係のイベントなどへの参加を断りにくい傾向にあります。

「お金がないから参加できない」と言えればよいのですが、お金の問題を口にすることに抵抗を感じる女性は多いものです。どうしてもお金が足りないときは、キャッシングなどに頼ってしまいます。

出産や育児で出費がかさむ

産前・産後は仕事ができない上に出費がかさみますので、このタイミングで借金をする女性も少なくありません。

また、子どもの教育に熱心な女性の中には、夫に反対され、借金をしてでも高額な習い事や塾などに子どもを通わせる人もいます。

実家の両親の介護にお金がかかる

既婚女性の実家の両親が老いたとき、介護しなければならない女性も多いものです。介護そのものにもお金がかかりますが、仕事を辞めて介護に当たると生活費が苦しくなります。仕事を辞めない場合も、実家への交通費などが負担となります。

自分の両親を介護するために生活費が足りなくなった場合、夫に言い出せず借金してしまう女性が少なくありません。

女性が借金を抱えたまま生活する場合のリスク

女性は男性よりも、借金を抱えても隠し通そうとする傾向が強いものです。しかし、借金を抱えたままの生活を続けると、以下のリスクを負うことになります。

未婚者は結婚が破談になることも

結婚を考えている彼氏がいても、自分に借金があれば「お金の管理ができない女性との生活は考えられない」などの理由で破談となる可能性があります。借金問題は結婚前に解消しておきたいところです。

既婚者は夫婦関係にヒビが入ることも

借金そのものは法律上の離婚原因にはなりませんが、事実上、妻の借金が原因で離婚問題に発展するケースは少なくありません。

夫としては、働いて得たお金を妻に預けていたのに、妻が借金を作っていたのでは裏切られた気持ちになるでしょう。

収入が足りないと自転車操業に陥る

最初はほんの数万円のキャッシングでも、返済のために今までよりも生活費が圧迫されます。すぐに返済できなければ、返済のために借金を繰り返すという自転車操業に陥ります。

自転車操業に陥ると利息が利息を呼び、みるみるうちに借金が膨れ上がり、到底返済できない金額に達してしまいます。

出産・育児・介護などで働けず返済資金が得られない

男性なら、家事を妻に任せて仕事を増やすこともできますが、女性は出産・育児・介護のため思うように働けないこともあります。

返済のために夫の協力が得られなければ、自転車操業に陥る可能性が高くなります。

シングルマザーは子どもの生活や将来が不安になる

シングルマザーは、基本的には自分一人の収入で子どもを育てていかなければなりません。借金がなくても、生活費や子どもの学費等で余裕のない人が多いものです。

そんな状況で借金の返済をしていくのは大変なことです。子どもの進学など将来のことだけでなく、直近の生活費も不安になることでしょう。

女性に合った債務整理の方法

女性の借金も債務整理で合法的に解決することができます。以下のように状況に応じた債務整理を選択することで、重大なデメリットを回避しつつ借金問題を解決することが可能となります。

内緒で解決したいときは任意整理

任意整理は、借入先の貸金業者と交渉して利息のカットや返済期限を延長してもらうことにより、毎月の返済額を減らすことが可能な手続きです。裁判所の手続きを利用しないので、誰にも知られず進めることが可能です。

彼氏や夫などの家族や周囲の人たちに内緒で解決したいときには、任意整理が最適です。

ただし、借金総額が大きい場合は安定収入があっても任意整理で解決することは難しくなります。そのため、借金が膨らむ前に早めに対処することが重要となります。

多額の借金を抱えたときは個人再生

個人再生は、裁判所の手続きを利用して借金総額を原則5分の1にまで減らすことが可能な手続きです。

一定の要件を満たせば強制的に借金が減額されますので、任意整理では解決できないほどに借金が膨らんでしまった場合に向いている解決方法です。

ただし、減額後の借金を3年~5年で完済できる程度の安定収入が必要です。

返済可能な収入の見込みがないときは自己破産

自己破産は、裁判所の手続きを利用してすべての借金の返済義務を免除してもらえる手続きです。収入がない人でも、借金ゼロの状態で再スタートを切ることが可能となります。

一定の評価額を超える財産を処分する必要がありますが、意外に多くの財産を「自由財産」として手元に残すことができます。女性の場合は、家族や周囲の人に内緒で自己破産できる可能性も十分にあります。

女性の債務整理で弁護士・司法書士を選ぶポイント

債務整理を成功させるためには、法律の専門家である弁護士・司法書士に依頼することを強くおすすめします。女性の場合、弁護士・司法書士を選ぶ際には以下のポイントに注意しましょう。

秘密に配慮してくれるか

弁護士・司法書士には守秘義務がありますので、ことさらに秘密を漏らすことはありません。それでも、自宅への電話や手紙での連絡によって家族に借金のことがばれるおそれがあります。

そこで、以下のように
・自宅の電話には掛けない
・携帯に電話を掛ける際にも時間帯に配慮してもらう
・留守電等で対応してもらえる
・書類での連絡がある場合は依頼者が事務所へ取りに行く

などの配慮をしてくれる事務所を選ぶようにしましょう。

迅速に対応してくれるか

借金のことを家族に内緒にしておきたい女性の債務整理としては任意整理が望ましいですが、任意整理を成功させるためには迅速な対応も重要となります。

手続きに時間がかかると、遅延損害金が加算されるため和解条件が厳しくなってしまいます。

親身に対応してくれるか

借金を抱えた女性の心情は非常にナイーブなものです。勇気を出して相談しても、無愛想な受け答えをされたり、怒られたりしたのでは、その弁護士・司法書士と信頼関係を築くことは難しいでしょう。

女性特有の悩みを理解し、親身に対応してくれる専門家を選んだ方がよいでしょう。

相談しやすいシステムが採用されているか

専門家の事務所の中には、相談の予約は平日の日中に電話予約のみ、面談での相談も平日の日中のみというところも少なくありません。しかし、これでは家族に内緒の借金を抱えている女性にとって相談しにくいこともあるものです。

留守番電話やメールで相談を24時間受け付けていたり、面談での相談の日時にも柔軟に対応してくれる事務所の方が相談しやすいでしょう。

リーズナブルな費用で利用できるか

女性の場合は、収入や借金のことを家族に内緒にしている等の事情で、専門家に依頼するための費用を用意するのが難しいことも多いでしょう。

弁護士・司法書士の費用は事務所によって異なりますので、リーズナブルな費用で法律サービスを利用できる事務所を選びましょう。

女性専用窓口を利用するメリット

本記事のランキングでご紹介した弁護士・司法書士の事務所に設置されている女性専用窓口は、安心して相談できるところばかりです。

女性専用窓口を利用することで得られる具体的なメリットは、以下のとおりです。

女性特有の借金の悩みを理解してもらえる

本記事でご紹介した事務所の女性専用窓口の専門家やスタッフは、親身に対応してくれます。家族に内緒、収入が少ない、ファッションやエステ、買い物で借金を作ってしまった、など女性特有の借金の悩みも熟知していますので、安心して相談できます。

秘密を厳守してもらえる

女性専用窓口では、女性の事情に配慮して秘密厳守を徹底します。基本的には、自分で口を滑らせない限り、秘密が漏れることはないとお考えいただいて差し支えありません。

怒られる心配がない

女性専用窓口の専門家・スタッフは、債務整理を成功させるためには、ナイーブになっている女性の相談者・依頼者との信頼関係を築くことが何よりも重要であると考えています。

怒られるようなことはなく、優しく対応してもらえますので、緊張せずに事情を話すことができるでしょう。

取り立てをすぐに止めてもらえる

債務整理をお考えの方の中には、すでに債権者から連日のように取り立ての電話を受けている方も多いものです。女性の場合は、精神的に参っている方も少なくありません。

女性専用窓口の専門家・スタッフはそういった事情も熟知していますので、依頼を受けた後はすぐ手続きに着手し、取り立てをストップしてくれます。早ければ依頼した翌日にストップすることもあります。

リーズナブルで柔軟な料金体系

女性専用窓口では、費用の面でも女性の事情を考慮して柔軟に対応してくれます。事務所によっても異なりますが、着手金の分割払いや後払いも可能となっています。

無料相談の際に費用についても相談すれば、可能な限り善処してもらえるはずです。

債務整理は女性専用窓口に相談しましょう

借金問題は、債務整理で解決できます。しかし、対処が遅れると任意整理で解決できたはずの借金でも個人再生や自己破産の申し立てが必要になるなど、選択肢が狭められる可能性があります。

希望どおりの形で借金問題を解決するためには、早めに専門家に相談することが重要です。

初めて弁護士・司法書士に相談するときには心理的な抵抗があると思いますが、本記事でご紹介した女性専用窓口では親身に対応してくれますので、お気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

以下の記事で「債務整理 弁護士・司法書士」について詳しく解説しています。
債務整理SOS
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました