任意整理の返済額・返済方法はどうやって決まるのか?その流れを正しく理解

任意整理の返済額・返済方法はどうやって決まるのか?その流れを正しく理解
この記事でわかること
  •  任意整理での返済額決定までの流れ
  • 3種類の返済方法のメリット・デメリット
  • 返済できなくなったときの対処法

任意整理は、借金を抱えた多くの人が利用している債務整理の手続きです。これから任意整理をしようと思っている方の中には、「任意整理の返済額はどうなるのだろうか」「返済方法はどうなっているのだろうか」といった疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、任意整理における返済額・返済方法はどのように決まるのかについて詳しく解説します。

返済額という観点での任意整理の特徴|個人再生・自己破産と比較

任意整理個人再生・自己破産
手続き自由度が高い法定の手続き
返済額債権者との交渉次第大幅な減額

個人再生・自己破産は裁判所の手続きを通す、法定の債務整理です。具体的な手続きは決められていますが、法律で認められた方法ですので、借金の大幅な減額をすることができます。

それに対して、任意整理は、債権者と交渉することで借金の利息をカットし、残りの元本を返済計画に従って返済する債務整理の方法です。

債権者との話し合い、合意内容などは全て自由に決めることができるため、柔軟な債務整理が期待できます。一方で、その成果は債権者との交渉次第となっており、借金の減額もあまり多くはないことが多いです。

つまり、任意整理では、返済額や返済方法を自由に決められるという特徴があると言えます。

返済額決定までの流れ

任意整理の返済額の決定までの流れは、次のようになっています。

任意整理返済額の決定までの流れ
  1. 金の総額を確定する
  2. 返済プランを検討する
  3. 債権者と交渉する

①借金の総額を確定する

任意整理の際、まずは借金の総額を正確に把握します。そしてこの計算のためには、各債権者との「取引履歴」のデータを集める必要があります。

具体的には、契約書やクレジットカードの取引明細書といった書類や残っている債務額はいくらなのかを調べることになります。それが済んだら、次は利息制限法に基づいて「引き直し計算」を行います。これは、利息、遅延損害金、過払金が絡み合うとても専門的で複雑な計算です。

とは言っても、これらの複雑な計算は依頼した弁護士・司法書士に任せれば適切に処理してくれるので、心配いりません。こうして借金の総額が確定すると、次のステップに進みます。

②弁護士・司法書士と返済プランを検討する

次に、借金の総額から月々の返済額と返済期間を決定します。一般的な返済期間は36カ月〜60カ月(3年から5年)となっており、返済計画をまとめる過程では、この範囲中である程度債務者が自由に返済期間を決めることができます。

弁護士や司法書士から提示されたデータやアドバイスをもとに、返済プランを策定することになります。

ここで重要なことは、自分の返済能力を超えた返済額を設定しないことです。借金をなるべく早く完済したいために、身の丈に合わない計画を立ててしまいがちですが、そこには様々な弊害があります。

例えば、明らかに返済できないと思われる金額は債権者に却下されることがあります。また、もし途中で返済できなくなっても、再度任意整理の手続きを取ることは難しいです。

相談している弁護士や司法書士はその点についてアドバイスをしてくれますので、自分の収入やライフスタイルに見合った返済計画を立てるようにしましょう。

③債権者と交渉する

返済計画を立てたら、債権者との交渉段階に入ります。基本的には、債権者と債務者の間に弁護士もしくは司法書士が入って、お互いに計画案を提示し合いながら検討し、最終的な返済額を決定します。

計画が決まれば、それにしたがって毎月の返済が始まることになります。

2通りの返済方法|一括返済と分割返済

任意整理における返済方法には「一括返済」と「分割返済」があり、それぞれにメリット・デメリットが存在します。

一括返済分割返済
メリット
  • 返済額(元本)を減らせる可能性がある
  • 期限の利益がある
  • 返済期間中の利息は発生しない
デメリット
  • 期限の利益がない
  • 借金の減額は少ない
  • ブラックリスト期間は短くならない
  • ほとんどない

一括返済のメリット・デメリット

任意整理の返済方法は分割返済が一般的ですが、金銭的に可能ならば一括返済もすることができます。この場合、一括返済のために借金をするのでは本末転倒ですので、自分で払うか、もしくは親族に払ってもらうかのどちらかになります。

一括返済のメリットとして、返済額が減る可能性があります。一括で返済されるなら安心だから減額してもいいと考える債権者もいるためです。

一方で、デメリットには、返済額がそれほど減らないという点があります。なぜなら、任意整理をした時点で借金の利息はカットされているため、そこからさらに元本までカットすることは難易度が高いためです。さらに、ブラックリストに登録される期間も一括返済にしたからといって短縮されるわけではありません。

このように、一括返済はその負担に見合うような利点が少ない方法であると言えます。ですから、金銭的な余裕があり、いち早く返済して精神的に安心したいというような方でなければ、一括返済をするメリットは小さいでしょう。

分割返済のメリット・デメリット

分割返済は、返済計画に従って月々に割り当てられた返済をする、任意整理の基本形です。そのため、任意整理での返済方法としては、ほとんどの方が分割返済を選択します。

分割返済の大きなメリットは、「期限の利益」を得ることができることです。期限の利益とは、当事者間で合意した返済期限までは返済を猶予してもらえることによる利益のことです。任意整理を行う人は借金問題を抱えているため、財産をほとんど持っていないケースが多いです。

その状況では、交渉によって期限の利益を得られることは生活を立て直すためにも有効です。また、毎月の負担を無理のない範囲にすることができるので、任意整理後も自分の生活スタイルを崩すことなく過ごすことができます。

一方で、デメリットとしては借金の減額が少ないことが挙げられます。しかし、一括返済と比べてもその差はほとんどありません。それに、任意整理をすればほとんどの場合で、返済期間を含めた利息をカットすることができるので、債務者にかかる負担に照らすと減額の幅は大きいと言えます。

このように、分割返済はメリットの大きい返済方法ですので、任意整理をする際はこちらのやり方をおすすめします。

任意整理後の返済方法の変更|繰上げ返済

遺産相続や退職金など、任意整理の返済期間にまとまった収入を得ることがあります。このような臨時収入を毎月の返済額に上乗せすることを「繰上げ返済」と言います。任意整理では、債権者との合意ができれば繰上げ返済をすることができ、たいていの債権者はこれを認めてくれます。

繰上げ返済のメリットは、より早く借金を完済して精神的な解放感を得られる点にあります。

一方で、デメリットは借金の額を減らすことはできないということです。住宅ローンの返済などにおいては、返済期間にも利息が発生するので、繰上げ返済をすることによってそれをカットすることができます。

しかし、任意整理ではそもそも返済期間に利息は発生しません。ですから、繰上げ返済をしても借金を減額することはできないのです。また、繰上げ返済をしてもブラックリスト登録期間は短縮されません。

このように、繰上げ返済のメリットは薄いので、無理して返済を早める必要はないと言えます。

返済が滞った時の対処法

任意整理を行って返済を開始した後、収入が減ったり、大きな支出が必要になったりして返済が難しくなるケースもあります。多くの場合、毎月の返済期日までに支払うことができなくても、1〜2回の滞納ならば許容されることが多いです。

しかし、それ以上滞納すると和解契約違反とみなされて、債権者から一括請求されてしまいます。こうなることはできるだけ避けたいところですが、どうしても返済が厳しくなることもあります。

このような事態に対処するための方法について紹介します。

別の債務整理(個人再生・自己破産)を行う

返済が難しくなった時の対処法として、債務整理の別の方法である個人再生・自己破産をすることができます。

個人再生では、裁判所の手続きを経ることで任意整理に比べて大きく借金を減らすことができます。さらに、自分の財産や所有物を手放さなくなるようなこともありません。ただし、任意整理と同様に個人再生計画に従って毎月返済を続けることが必要です。

自己破産では、裁判所の手続きを経ることで借金がいくらあっても全て帳消しにすることができます。ですから、一度自己破産をすれば返済義務はなくなります。ただし、生活のための必要最小限の財産以外は差し押さえられ、手放さなければならなくなります。

いずれの方法を選ぼうとも、裁判所の手続きさえすれば借金を大幅に減額することができ、とても効果的です。もう返済できないと感じたら個人再生・自己破産を検討することをお勧めします。

再和解に踏み切る

再和解とは、返済ができなくなった時に債権者と交渉して、もう一度返済額、返済期間を決め直すことをいいます。もちろん円滑に話が進むこともありますが、一度滞納してしまっているために厳しい条件が設定されることがあります。

さらに、相手の金融機関によってはそもそも交渉に応じてくれないこともあります。つまり、再和解できるかどうかは債権者次第であると言えます。

まとめ

任意整理において、返済額や返済計画の決定は債務者側のプラン設計と債権者との交渉にかかっています。また、上手くいかなかったときの対処法も様々で、どの対策を講ずるのかの選択も重要になってきます。

ですから、任意整理は信頼できる弁護士・司法書士と相談しながら進めるのが得策だと言えます。専門家には経験と知識があるので、自分の現状に最適な解決策を提示してくれます。

まずは、お気軽に法律事務所・司法書士事務所に問い合わせてみましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました