リボ払いが怖いのはなぜ?知っておきたいリボ払いの基礎知識

リボ払いのが怖いのはなぜ?
この記事でわかること
  • リボ払いでは毎月の支払金額が決まっている
  • リボ払いはカード会社にとってメリットがあるのでキャンペーンも多い
  • リボ払いをすれば支払いがなかなか終わらず膨大な手数料を払ってしまうことがある
  • ショッピング枠のリボ払いを債務整理することも可能

クレジットカードで買い物するときでも、高価なものは支払いが心配です。リボ払いにすれば、毎月の支払いが負担にならないので、便利と考える人も多いでしょう。

しかし、リボ払いは仕組みをしらないと大変怖い支払方法です。したがって、リボ払いを利用するときには利用者側が十分注意しておくことが必須です。

この記事では、リボ払いをする前に知っておきたい支払いのしくみや手数料について、わかりやすく解説します。

クレジットカードのリボ払いはどんな支払方法?

リボ払いとはリボルビング払いのことで、クレジットカードの支払方法の1つです。

以下でリボ払いについてより詳しく確認しましょう。

リボ払いでは毎月の支払額が決まっている

クレジットカードの利用代金の支払方法には、次のような種類があります。

翌月1回払い

1か月分の利用代金を翌月に一括して支払う方法で、手数料はかかりません。マンスリークリア方式とも呼ばれます。

ボーナス1回払い

利用代金を夏・冬のボーナス時期にまとめて支払う方法で、手数料はかかりません。

分割払い

3回払い、6回払いなど、支払回数を指定して利用代金を支払う方法です。分割回数に応じた手数料がかかります。

リボ払い

利用代金を毎月一定額ずつに分けて支払う方法です。支払完了まで毎月手数料が発生します。

リボ払いと分割払いは似ていますが、分割払いでは支払回数が明確に決まっているのに対し、リボ払いでは毎月の支払金額が定額になっているという違いがあります。

リボ払いの種類は大きく分けて2種類

リボ払いは、残高スライド方式と定額方式の2つに分かれます。

リボ払いの種類
残高スライド方式利用残高に応じて毎月の支払額が決まる方式
定額方式利用残高にかかわらず、毎月一定額を支払う方式

残高スライド方式では、利用残高が減ると毎月の支払額も減るので、支払期間が長くなります。多くのカード会社では、手数料を多く徴収できる残高スライド方式を採用しています。

リボ払いにしてしまう理由とは?

リボ払いは、カード会社にとってメリットがある支払方法です。そのため、利用者がついリボ払いを選択してしまう仕掛けもたくさん用意されています。

買い物後でもリボ払いに変更できるしくみがある

クレジットカードの支払方法は、通常は買い物する時点で指定します。しかし、多くのクレジットカードでは、1回払い等を指定して買い物した後でもリボ払いに変更できる「あとからリボ」等と呼ばれるしくみを設けています。リボ払いへの変更はインターネットから簡単にできるようになっています。

リボ払いで得するキャンペーンがある

カード会社では、リボ払いをするとお得になるキャンペーンを盛んに実施しています。リボ払いすれば、キャッシュバックが受けられたり、ポイントをたくさん付与してもらえたりします。

初期設定がリボ払いのカードもある

クレジットカードの中には、初期設定がリボ払いとされており、支払方法を変更しない限り自動的にリボ払いになってしまうカードもあります。

リボ払いが怖い3つの理由

カード会社が盛んにPRしているリボ払いですが、実は怖い支払方法でもあります。リボ払いが怖いのは、主に次の3つの理由からです。

1. 気付かない間に借金が増える

リボ払いでは毎月の支払金額が同じなので、いくら使ったのかがわからなくなることがあります。カードの利用代金はカード会社が立て替えてくれているので、実質的に借金です。リボ払いにすると、気付かない間に借金が増えてしまうことが多くなります。

2. 支払いが終わらなくなる

クレジットカードは利用限度額までなら何度でも買い物できます。毎月支払いをしていても、リボ払いの残高は逆に増えることがあり、支払いが終わらないということが起こってしまいます。

3. 膨大な手数料を払わなければならなくなる

リボ払いでは手数料が発生します。手数料は借金の利息に相当するものですが、リボ払いの手数料率は年15%程度です。

たとえば、10万円の買い物をした後、毎月1万円(手数料込)のリボ払いを続けた場合、毎月支払う手数料は次のようになります。

回数支払金額手数料元本残高
    100,000
110,0001,2508,75091,250
210,0001,1418,85982,391
310,0001,0308,97073,421
410,0009189,08264,338
510,0008049,19655,142
610,0006899,31145,832
710,0005739,42736,405
810,0004559,54526,860
910,0003369,66417,195
1010,0002159,7857,410
117,503937,4100
合計107,5037,503100,000 (円)

この例では、トータルで支払う手数料は7,503円なので、それほど高いとは感じないかもしれません。しかし、実際には、買い物を繰り返して残高が増えることも多いはずです。

また、残高スライド方式では残高が減ると支払金額も減るため、元本が減りにくくなります。そうなると、手数料はさらに膨らんでしまいます。

リボ払いをするなら注意しておきたいことは?

リボ払いは怖いとは言っても、高価な買い物をするときには便利な支払方法です。リボ払いを選択しても、きちんと支払いができれば問題はありません。リボ払いにするときには、次のような点に注意しておきましょう。

利用残高をきちんと把握しておく

リボ払いをするなら、残高が増えないよう、自分で上限を決めておくことが大切です。クレジットカードを使ったときには、いくら使ったかを必ず記録しておきましょう。

繰り上げ返済をする

リボ払いでは、毎月の最低支払金額だけ払っていても、なかなか支払いが終わりません。リボ払いの支払中であっても、毎月の支払額に追加して支払いができます。追加で支払う繰り上げ返済をすることで、支払い完了までの期間を短くすることができ、支払う手数料も減らせます。

リボ払いの支払いが困難になったら債務整理で解決できる

債務整理とは、借金の支払いが困難になった場合に、法律的な手段を用いて借金を支払い可能な形にする方法です。クレジットカードのリボ払いが困難になったときにも、債務整理を検討しましょう。

クレジットカードのショッピング枠も債務整理可能

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。キャッシング枠は借金なので、支払い困難な場合には当然に債務整理ができます。ショッピング枠は、厳密には借金ではなく立替金ですが、債務整理は可能になっています。

ショッピング枠のリボ払いの支払いが困難になった場合には、任意整理により解決できる可能性があります。任意整理とは、債権者に直接支払条件の変更を申し入れ、承諾してもらう手続きです。

キャッシング枠と一緒に債務整理する必要がある

ショッピング枠のリボ払いについて任意整理する場合、キャッシング枠にも借入残高が残っていれば、キャッシング枠の借金も合わせて整理する必要があります。そのため、同じカードでショッピング枠とキャッシング枠を切り離して整理することはできません

ショッピング枠では過払い金は発生しない

借金の利息の上限は、利息制限法で次のように定められています。

元本制限利率
10万円未満年20%
10万円以上100万円未満年18%
100万円以上年15%

貸金業者が上記の利率以上で利息を徴収している場合には、過払い金ということになり、返還を請求できます。通常の借金の任意整理では、過払い金の取り戻しも可能です。

しかし、たとえ上記の利率以上の手数料を払っていても、ショッピング枠では過払い金は発生しません。ショッピング枠の利用代金は、立替金であって借金ではないので、利息制限法の適用がないからです。

リボ払いの債務整理にはどんなメリットがある?

クレジットカードのショッピング枠のリボ払いの債務整理(任意整理)には、次のようなメリットがあります。

毎月の支払額を減額できる

任意整理をすれば、毎月の支払額を無理のない金額まで減らせます。任意整理以降、そのクレジットカードは使えなくなるため、利用残高が増えることはありません。債務を減らして生活を立て直すことができます。

将来の利息(手数料)をカットしてもらえる

任意整理をしても、分割支払いは続けていかなければなりません。ただし、任意整理後に発生する利息や手数料については免除してもらえます。元本だけを支払えばいいので、借金が膨らむ心配がありません。

リボ払いの債務整理のデメリットとは?

債務整理にはデメリットもあります。一時的に不便な状態になることがあるので、注意しておきましょう。

カードが使えなくなる

債務整理をすれば、そのカードは強制解約となり、使えなくなってしまいます。そのカードに付帯している家族カードやETCカードも使えなくなります。公共料金の決済などにクレジットカードを使っている場合には、他の方法に変更する必要があります。

ブラックリストに載る

債務整理をすれば、信用情報機関に事故情報が追加され、ブラックリストに載った状態になります。事故情報が登録されている期間中は、他社で新たにローンを組んだり、カードを作ったりすることができません。ただし、任意整理でブラックリストに載っている期間は5年程度で、その期間を過ぎると信用情報は回復します。

まとめ

リボ払いをしている場合、支払いがいつまで経っても終わらないことがあります。リボ払いは怖いということを認識しておき、もしリボ払いをした場合には、できるだけ早く支払いを終わらせましょう。

リボ払いの支払いが既に困難になっているようなら、債務整理を検討することも必要です。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました