ギャンブルが原因でも自己破産は可能?免責が認められるケースとは

ギャンブルが原因でも自己破産は可能?のアイキャッチ
この記事でわかること
  • ギャンブルが原因の自己破産でも免責が認められるケースがある
  • 免責を認めるかどうかは裁判官の裁量によって決まる
  • 破産管財人の意見書や裁判官との面談が免責を決める判断材料となる 
  • 債務者は誠実な態度で破産手続きに臨むことが大切

【この記事は以下のような方にオススメです!】

・ギャンブルが原因の借金を自己破産で解決可能か知りたい方
・ギャンブルが原因の自己破産に必要な具体的な手続きや費用を知りたい方
・「裁量免責」の仕組みを知りたい方

「ギャンブルで借金が膨らんでしまい返済の見通しが立たない。ギャンブルが原因でも自己破産はできるのだろうか?」

自己破産とは、借金の返済ができなくなった債務者の申し立てにより、裁判所を介して行われる債務整理の手続きです。免責が許可されれば借金帳消しになりますが、借金の原因がギャンブルだった場合、そもそも自己破産は認めてもらえるのでしょうか。

この記事では、ギャンブルが原因の自己破産は可能なのかお伝えするとともに、免責が認められるケースや注意点についてわかりやすく解説していきます。

ギャンブルは自己破産の「免責不許可事由」に該当する

ギャンブルにハマってしまい、気づけば多重債務に陥ってしまいました…。このままでは生活が成り立たないので自己破産を検討しているのですが、ギャンブルが原因でも破産手続きはできますか?

なるほど、借金の原因がギャンブルということですね。

ギャンブルが原因だとしても破産手続き自体は可能ですよ。

そうなんですね!早速手続きを始めても問題ないですか?

ちょっと待ってください。

破産手続き自体はできるのですが、ギャンブルは免責不許可事由に該当しますので、原則として借金免除の対象外となってしまいます。

ギャンブルが原因の場合、借金を帳消しにしてもらえないということですか…?

原則としてはそうなりますね。

ただし、たとえ借金の原因が免責不許可事由に該当していたとしても、裁判所が免責を許可すれば借金返済は免除されます。

これを「裁量免責」といい、字のとおり裁判官の裁量によって免責の判断がなされるということですね。

  • ギャンブルは免責不許可事由に該当するため、原則として免責は認められない
  • ただし、免責不許可事由に該当していても、裁判所の判断によっては免責が認められるケースもある(裁量免責)

免責不許可事由でも「裁量免責」が認められる可能性がある

なるほど。裁判所が認めてくれれば、ギャンブルが原因でも自己破産はできるのですね。

裁量免責が認められるのはどんな場合ですか?

裁量免責についてもっと詳しく教えてほしいです。

はい。裁量免責とは、債務者が破産に至った過程や事情を考慮し、免責が妥当なケースなのか裁判官が判断することをいいます。

そもそも自己破産は、多重債務などの借金で苦しむ人を救済・更生させるための制度です。

借金の原因がギャンブルだとしても、債務者が過去の行為を反省していること、同じ失敗を繰り返さずこれから立て直していく意思があることなど、誠実な態度が認められれば裁量免責される可能性があります。

債務者の誠実な態度って、裁判官はどうやって判断するのですか?

免責を認めるかどうかは、裁判官との面談である「免責審尋」が判断材料のひとつになります。自己破産の原因が免責不許可事由に該当する場合は、免責審尋の結果は特に重要です。債務者との直接的なやりとりは、裁判官の裁量に大きな影響を与えますからね。

「免責審尋」では、借金とギャンブル両方に関して以下のような内容が聞かれますから準備が必要ですよ。

  • なぜ借金をつくってしまったのか(理由・経緯)
  • 借金をつくってしまったことをどう考えているのか
  • 今後はギャンブルをやめられるのか
  • ギャンブルをやめるための具体的な対策はあるのか
  • 裁量免責は、債務者が破産に至った過程や事情、過去の行為の反省、今後の立て直しに向けた意思などで判断される
  • 免責を許可するか判断するために債務者が裁判官と面談することを「免責審尋」という
  • 自己破産の原因がギャンブルの場合、免責審尋の結果は裁判官の裁量に大きな影響を与える

ギャンブルが原因の自己破産で注意すべきこと

裁量免責や免責審尋について理解できました。

他に気をつけた方がいいことはありますか?

借金の原因がギャンブルの場合、管財事件となりますので破産手続きにおいて破産管財人が選任されます。

破産管財人は債務者との面談や観察により、免責が妥当かどうかの意見書を裁判所に提出する役割を担っています。

つまり、意見書の内容も免責を決めるために重視されるということですね?

そうですね。意見書も免責許可を決める重要な判断材料となるため、誠実な態度で臨むことが大切です。

それと、破産管財人に関する費用は債務者が支払いますから、その分、自己破産の手続きにかかる費用は高くなります。

どのぐらいかかりそうですか?

あくまで目安ですが、相場は20万円以上といわれています。

債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談すれば費用について詳しく教えてくれます。免責尋問についてもサポートしてくれますので、まずは相談してみることをおすすめします。専門家に依頼すれば破産手続きはスムーズに進みますよ。

早速相談してみます。今回はありがとうございました!

  • ギャンブルが原因の自己破産の場合は管財事件となり、破産管財人が選任される
  • 破産管財人が裁判所に提出する意見書は、免責許可の重要な判断材料になる
  • 破産管財人を選任する場合、破産手続きの費用は20万円以上が相場となる

まとめ

借金の原因がギャンブルの場合、自己破産の免責不許可事由に該当するため、原則として免責は認められません。ただし、裁判官の裁量によって免責を判断する「裁量免責」という制度があり、債務者の事情や態度によってはギャンブルが原因だとしても免責が認められる可能性があります。

債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談すると、裁量免責になるかどうかの判断や、免責審尋や破産管財人とのやりとりに関するアドバイスがもらえます。

借金の整理に関してお悩みなら、まずは弁護士や司法書士に相談してみましょう。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました