任意整理後は住宅ローンが組めない?どうしても住宅ローンを利用したいときの対処法を解説

任意整理後は住宅ローンが組めない?どうしても住宅ローンを利用したいときの対処法を解説
この記事でわかること
  • 任意整理後5年以内は原則として住宅ローンが組めない
  • 5年以内でも住宅ローンを組む方法はある
  • 任意整理後に住宅ローンを組むためには注意すべきポイントがある

任意整理をするとブラックリストに登録されてしまい、ローンを組むことはできなくなります。しかし、多くの方が住宅ローンを組んでマイホームを持つことを人生の夢としてお持ちのことでしょう。

では、任意整理をしてしまったら、もはや住宅ローンは組めないのでしょうか。そうだとしたら、一度の経済的な失敗のためにあまりにも大きな代償を課せられるということになります。

この記事では、任意整理後に住宅ローンを組むことはできないのか、どうしても住宅ローンを利用したいときはどうすればよいのかについてわかりやすく解説します。

任意整理後は原則として住宅ローンを組めない

結論から申しますと、任意整理後は住宅ローンを組むことはできなくなります。ただし、いつまでも組めないというわけではありません。

ここではまず、任意整理後に住宅ローンを組めない理由と、いつになったら組めるようになるのかについてご説明します。

住宅ローンを組めない理由

任意整理をすれば住宅ローンを組んではいけないという法律があるわけではありません。しかし、任意整理をするとブラックリストに登録されるため、その影響で住宅ローンを組むことができなくなります。

「ブラックリストとは何か」については、次の表を参考になさってください。

質問ブラックリストとは
意味個人信用情報機関に登録される事故情報のこと
登録される内容は借金の延滞歴や代位弁済、債務整理歴など
デメリットは借入やローン、クレジットカードを利用できなくなる
消去される要件は完済するか、債務整理をしたときから一定の期間の経過
登録期間は任意整理の場合は5年、自己破産・個人再生の場合は10

このとき、事故情報が登録されている人は返済能力に欠けると判断されます。したがって、任意整理した人が住宅ローンを申し込んでも審査で落とされることになります。住宅ローンを提供する金融機関は貸し倒れのリスクを避けるため、契約前に必ず申込者の信用を調査します。調査する方法のひとつとして、「個人信用情報機関」に登録されている情報を確認します。

完済後5年が経過すれば住宅ローンが組める

個人信用情報機関に登録された事故情報は、いつまでも保管され続けるわけではありません。任意整理の場合は、5年間が経過すると事故情報が消去されます。

その後は、信用調査の際に消去後の事故情報まで調査されることはないので、住宅ローンが組めるようになります。

ただし、個人信用情報機関には次のように3つの機関があり、それぞれ「5年間」のスタート時期が異なるので注意が必要です。

機関名加盟している金融機関5年間のスタート時期
全国銀行個人信用情報センター(KSC銀行代位弁済が行われたとき
日本信用情報機構(JICC消費者金融・クレジットカード会社和解が成立したとき
シー・アイ・シー(CIC銀行・消費者金融・クレジットカード会社完済したとき

銀行が加盟している「CIC」では、完済してから5年間は事故情報が消去されません。したがって、銀行で住宅ローンが組めるのは任意整理した借金を完済してから5年以上が経過した後ということになります。

任意整理後5年以内に住宅ローンを組む方法

人生の中で5年というのは短いともいえますが、すぐにマイホームを持ちたいと考えている方にとっては長く感じることでしょう。

そこで、ここでは任意整理後5年以内でも住宅ローンを組む方法を1つご紹介します。

家族の名義で住宅ローンを組む

自分の名義で住宅ローンを組めない場合は、家族の名義で組むことを考えてみましょう。配偶者や親、子どもなどで安定した収入がある方であれば、住宅ローンを組める可能性があります。

ただし、申込者の年収や年齢、職業、勤続年数などが審査されるため、必ずしも自分が希望する条件で住宅ローンが組めるわけではないことに注意が必要です。

フラット35には期待しない

いくつかの情報サイトでは「任意整理後すぐにフラット35の審査に通った!」と紹介されていますが、信憑性が薄いため期待はできません。

フラット35とは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)が運営している住宅ローンです。フラット35でも基本的には任意整理後5年以内は審査に通らないことになっています。

ダメ元で申し込む行為は余計な手間と時間がかかるだけではなく、審査元を欺くことにも繋がりかねませんから、基本的には避けたほうが懸命です。

任意整理後の住宅ローンの審査に通過しやすくなるポイント

任意整理後の借金を完済してから5年以上が経過すると事故情報の影響はなくなりますが、それでも住宅ローンの審査は厳しい場合もあります。

少しでも住宅ローンの審査に通過しやすくするためには、以下のポイントに気をつけてみましょう。

任意整理した金融機関は避ける

まず、任意整理をした金融機関に住宅ローンを申し込むのは避けましょう。

個人信用情報機関から事故情報が消去されても、各金融機関が管理しているデータベースには事故情報が残り続けます。このように、社内に残り続ける事故情報のことを「社内ブラック」と呼びます。

過去に自社からの借金について任意整理をした人が住宅ローンを申し込んできても、その金融機関がその人の審査を通すことはないでしょう。

住宅ローンを申し込むときは、任意整理したところとは別の金融機関を選びましょう。

頭金を用意する

住宅ローンの審査に通過しやすくするためには、自分の属性を良くしておくことがポイントです。

しかし、年収や職業、勤続年数などの属性をすぐに有利に変更することは難しいでしょう。そこで、頭金を用意しておけば、同じ属性でも審査に通りやすくなります。

頭金の目安としては、マイホームの購入予定価格の20%程度を用意しておくと良いといわれています。

審査がゆるい金融機関に申し込む

住宅ローンの審査がどの程度厳しく行われるかは、どこの金融機関でも同じというわけではありません。実際には審査が厳しいところからゆるいところまであります。

一般的には、都市型のメガバンクよりも地域経済に密着している地方銀行や信用金庫、労金、JAバンクなどの方が審査がゆるいといわれているので、参考になさってください。

なお、ネット銀行の住宅ローンについては金利や手数料が安いものの、審査がゆるいわけではない点に注意が必要です。

ペアローンで申し込む

ペアローンとは、同じ物件を購入する際に複数の人がそれぞれ住宅ローンの契約を結び、お互いに相手のローンの連帯保証人になるという契約方法です。

この方法であれば、2人の年収を合算して審査を受けることができるので、審査に通りやすくなります。

ただし、購入した物件は2人の共有名義となります。夫婦や親子で共同で住宅を購入しても良い場合は、ペアローンの利用を考えてみると良いでしょう。

任意整理後に住宅ローンを申し込む際の注意点

次に、任意整理後に住宅ローンを申し込む際の注意点をご紹介します。

前項では住宅ローンの審査に通りやすくなるためのポイントをご紹介しましたが、ここでご紹介する注意点は審査に落とされるのを避けるためのポイントとなります。

信用情報を確認する

任意整理後5年間は、住宅ローンの審査に通ることはありません。

ただ、個人信用情報機関の事故情報が消去されても本人に通知されるわけではありません。そのため、住宅ローンを申し込む前に事故情報が消去されているかどうかを確認しておくべきです。

先ほどご説明したように、個人信用情報機関にはKSCJICCCICという3つの機関があります。それぞれ、インターネットや郵送で個人信用情報の開示請求ができるので、ひと通り開示請求をして確認しましょう。

ほかの借金も完済しておく

任意整理後5年が経過すると借入やクレジットカードの利用が可能になるので、既に他の借金を利用している方もいらっしゃるかもしれません。

金額にもよりますが、ほかに借金があると住宅ローンの審査が通りにくくなることは間違いありません。

住宅ローンを申し込む前に、できる限りほかの借金は完済しておきましょう。

多重申し込みは避ける

住宅ローンの審査に通る可能性を少しでもあげるために複数の金融機関の住宅ローンに同時に申し込む方がいらっしゃいますが、このようなことは避けるべきです。

なぜなら、ローンの申し込み歴も個人信用情報機関に登録されるからです。金融機関が個人信用情報を確認したときに複数の住宅ローンの申し込み歴があると、どこからもお金を借りられない人と判断されてしまい、審査に落ちる可能性が高まるからです。

ローンの申し込み歴は6ヶ月で消去されます。したがって、もしひとつの金融機関で住宅ローンの審査に落ちたら、次に申し込むのは6ヶ月以上間を開けてからにしましょう。

まとめ

任意整理後でも5年が経過すると住宅ローンを組めるようになりますが、審査に通るためにはさまざまな工夫も必要になります。

また、任意整理した借金を早く完済すればするほど早く住宅ローンを組むことが可能になるということもいえます。

もし、自分で任意整理をされた場合は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談・依頼すればさらに有利な条件で任意整理をやり直せる可能性があります。

気になる方は、専門家の力を借りてマイホームの夢を叶えましょう。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました