個人再生で保証人が受ける影響とは?住宅ローン・自動車や奨学金の返済はどうなるか解説

この記事でわかること
  • 個人再生をしても保証人の責任は一切なくならない
  • 個人再生をすると債権者は保証人に対して一括返済を要求する
  • どうしても返済できない場合は保証人も債務整理を検討することになる
  • 個人再生は住宅ローン以外のすべての借金が整理対象となる

個人再生とは裁判所を介して借金の負担を軽くする債務整理の一種であり、成功すれば大幅に借金を減額できます。しかし、個人再生で債務者の借金が減額できたとしても、保証人の責任は一切なくなりません。債務者が個人再生をすると、借金の保証人にはどのような影響が及ぶのでしょうか。

この記事では、個人再生で保証人が受ける影響について、ローンや奨学金の返済にも触れながらわかりやすく解説していきます。

個人再生をすると保証人に影響が及ぶ

個人再生をするとマイホームを残しながら借金を大幅に減らせると聞きました。
毎月の返済が苦しくて生活がままならないので、個人再生をして借金の負担を軽くしたいと思っています。

借金を整理するために個人再生を検討されているのですね。
おっしゃるとおり、個人再生はマイホームなどの財産を残したままで大幅に借金を減額できます。自己破産のように借金全額が免除されるものではありませんが、高価な財産が取り上げられることはありません。

財産を残したままで借金を減らせるのはありがたいです。早速個人再生の手続きを進めたいと思っているのですが。

ちょっと待ってください。債務に保証人が付いていませんか?
個人再生によって債務者であるあなたの借金は減額されても、保証人の責任はなくなりません。個人再生の効力は債権者と債務者の間に限定され、保証人には一切影響しないからです。

私が個人再生をしても保証人の返済額は減らないということですか…?

そのとおりです。保証人に個人再生の効力は影響しませんので、個人再生によって債務者が免除された分は保証人が支払わなければなりません。
また、借金の返済義務が保証人へ移ると、債権者は一括返済を求めてくるのが基本です。

個人再生によって自分自身が返済する分は減額できても、その分保証人に負担がのしかかってしまうのですね…。

【ポイント】

  • 個人再生をしても借金の保証人には一切影響しない
  • 個人再生によって免除された借金は保証人が返済していかなければならない
  • 債権者から保証人への請求は一括請求が基本

債務者の代わりに保証人はどう返済するのか

個人再生で借金を大幅に減額できても、保証人が返済する分にはまったく影響しないと理解できました。

債権者は保証人へ一括請求するとのことでしたが、もともとの借金額が大きいと一括では支払えないことも考えられますよね?

はい、保証人が支払う必要があるのは個人再生によって免除された分になりますが、債権者からの多額の一括請求に応じられるとは限りません。保証人にも生活がありますし、すぐさま一括で全額返済するのは難しい場合もあるでしょう。

 

一括返済ができない場合、保証人はどうやって返済していくのでしょうか?

一括請求に応じられない場合は、債権者に対して分割返済を要求する手があります。債権者が納得できる返済プランであれば、分割返済に応じてもらえるかもしれません。
それでも返済できないなら、保証人も債務整理を検討することになるでしょう。

場合によっては保証人にまで債務整理をしてもらう可能性があるということですね…。どうにか保証人の負担を軽くする手段はないのでしょうか?

保証人への影響は債務整理の方法によって避けられる可能性があります。
個人再生と自己破産は、債務者が抱える借金のすべてが債務整理の対象です。しかし、任意整理は整理対象を自分で選べますから、保証人がついた借金を整理対象から外すことができます。

保証人への影響を考えると、他の債務整理も検討した方がよさそうですね。

【ポイント】

  • 債権者との話し合い次第では分割返済に応じてもらえる可能性がある
  • どうしても返済が難しければ保証人も債務整理を検討することになる
  • 個人再生と自己破産は借金すべてが整理対象だが、任意整理はどの借金を整理するか選べる

住宅ローン・自動車や奨学金の返済はどうなる?

最後に、ローンや奨学金の返済はどうなるのか教えてほしいです。
個人再生の場合、マイホームは残したままで借金を整理できると認識しているのですが、住宅ローンが残っている場合はどうなるのでしょうか?

まずは住宅ローンからご説明しますね。
個人再生には「住宅資金特別条項(住宅ローン特則)」があり、債務者が支払いを続けていけるのであれば、住宅ローンが残るマイホームをそのまま維持できます。これまでどおり住宅ローンを支払いつつ、それ以外の借金は大幅に減らせるということですね。
よって、債務者が住宅ローンの支払いを続ける限りは、保証人に影響が生じることはありません。

なるほど。住宅ローンはその他の借金とは別枠なのですね。
自動車ローンや奨学金はどうなりますか?

住宅ローン以外の借金に保証人がついている場合、個人再生をすると保証人に一括請求がいくことになります。それは自動車ローンや奨学金であっても同じです。

自動車ローンの場合は車を引き上げて売却金を債務にあて、不足分を保証人が支払うことになるでしょう。保証人が一括返済するなら車を引き上げられることはありません。
奨学金の返済も保証人へ請求がいきますが、人的保証ではなく機関保証制度に加入していれば保証機関が一括返済してくれます。

住宅ローン以外の借金はすべて保証人に請求がいくということですね。

【ポイント】

  • 個人再生には住宅資金特別条項があり住宅ローンが残るマイホームを維持できる
  • 住宅ローンの支払いを債務者が続ける限りは保証人に影響は生じない
  • 自動車ローンや奨学金であっても住宅ローン以外の借金は保証人に請求がいく

まとめ

個人再生をすると、借入をした本人は大幅に借金を減額できます。一方で、保証人の責任は一切なくなりません。再生計画に住宅資金特別条項を定めれば住宅ローンが残るマイホームを維持できますが、自動車ローンや奨学金など住宅ローン以外の借金はすべて保証人に請求がいくことになります。

保証人への負担を減らすには、整理対象を選べる任意整理で借金を整理していく道も考えられます。弁護士や司法書士からのサポートを受け、自分に最適な債務整理を進めていきましょう。

トップへ戻る
相談無料!
債務整理に強い専門家はこちら
タイトルとURLをコピーしました