闇金の弁護士費用相場は5万円?着手金の支払い方法・安く依頼するコツについて解説

この記事でわかること
  • 闇金の弁護士費用は5万円前後
  • 闇金問題は弁護士だけでなく司法書士にも依頼できる
  • 闇金に強い弁護士は支払い方法に柔軟に対応してくれる
  • 闇金の費用は安くすることはできる

闇金被害を解決したい場合、弁護士・司法書士に依頼するのが適切な対処法です。「即日で取立てが止まる」「利息・元金をゼロにできる」というのは、闇金被害で悩んでいる人にとっては大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、依頼する際に気になるのは費用面ではないでしょうか。そこで、この記事では闇金の弁護士費用相場と支払い方法や少しでも安く依頼するためのポイントについて解説します。

闇金被害を解決できるのは弁護士と司法書士

闇金被害を相談できる法律の専門家は弁護士というイメージが強いでしょう。しかし、弁護士だけでなく司法書士に依頼することもできます。闇金対処の業務内容はどちらもほぼ同じです。

弁護士・司法書士は依頼者に代わって闇金と交渉をします。そして、以下のようなトラブルを解決してくれます。

・闇金からの取立てを停止する
・嫌がらせをやめさせる
・闇金に返済をしなくてよくなる
・解決後は依頼者に連絡しないようにする
・ケースによっては過払い金を取り返してくれる
・刑事告訴したい場合、訴訟をサポートする

※司法書士は1件の元本が140万円以上の案件は取扱いできないことが法律で決まっています。(弁護士は無制限)しかし、闇金からの借金が1件あたり140万円以内ならば司法書士に依頼しても問題ありません。

闇金の弁護士・司法書士費用の相場とは

闇金の弁護士・司法書士費用は一般的に闇金1件あたりに対して解決費用が発生します。また、費用は一律料金ではなく事務所によって異なります。

大体の費用相場は以下のようになります。

・弁護士費用相場(1件あたり):4万円~7万円(税別)
・司法書士費用相場(1件あたり):4万円~6万円(税別)

※相談料は無料もあれば有料(1時間:1万円程度)の事務所もあります。
※他に着手金、経費、通信費などを必要とする事務所もあります。

一般的に弁護士よりも司法書士の方が費用は安い事務所が多い傾向となっています。

利息を支払い続けるよりも弁護士への依頼は費用対効果が高い

闇金被害者の多くの方は弁護士に依頼すれば費用が発生するため、依頼すること自体をためらう傾向があります。

しかし、例えば闇金1社からトサンの利息(10日で3割)で5万円借りて5回利息を支払い続けたとします。すると、複利で計算したら以下のような合計金額になります。

・1回目:15,000円
・2回目:19,500円
・3回目:25,350円
・4回目:32,955円
・5回目:42,841円

合計:¥135,647円

このような法外な利息を支払い続けるならば、弁護士に1社あたりの費用相場の5万円を支払ってすぐに解決してもらうほうが、費用対効果は高いのは言うまでもありません。

支払いの負担だけでなく精神的なストレスからも開放されますので、今すぐ相談されることを強くおすすめします。

闇金の弁護士・司法書士の費用項目

闇金問題を弁護士・司法書士に相談・依頼する場合、以下のような費用項目があります。

事務所によって項目(名目)が違いますので、見積もりを出してもらい、わからない点は直接聞いてみましょう。

相談料

一般的な弁護士・司法書士の法律相談費用は1時間5,000円~10,000円です。しかし、闇金に強い専門家の場合、相談料はどこも無料となっています。

着手金

着手金とは、本来は業務を依頼した際に発生するいわば初期費用のような名目です。しかし、弁護士・司法書士は、この着手金という名目で以下のような解決までを行います。

・無料相談
・闇金との交渉
・闇金の取立てをストップ
・アフターサポート(今後の対応について)

通常闇金の着手金は1件(1社)あたりの費用となります。また、事務所によっては着手金を手数料と称するところもあります。

報酬金

闇金に支払ったお金を「返還請求したい…」と考える方はいますが、実際に返金が受けられた場合、別途報酬金が発生する事務所があります。これは闇金からお金を取り戻すのは簡単ではないためです。

事務所の中には着手金の中に、この報酬金(解決金)を込みにしているところもあります。依頼する際には着手金は報酬金を含むかどうかを念のため確認しましょう。

告訴・告発の費用

闇金の「悪質な行為が許せない!」という場合には告訴・告発をおこない捜査機関に申告して処罰を求めることができます。弁護士・司法書士に依頼すれば告訴・告発書の作成・代理などのサポートを受けることができます。

告訴状の作成費用は5万円~10万円というのが費用相場となります。ただし、闇金は実態がつかみにくいため告訴・告発は簡単ではないということは理解しておく必要があります。

弁護士・司法書士費用の支払い方法

弁護士・司法書士事務所によって費用の支払い方法は異なります。闇金の場合、大きく3つの支払い方法があることを覚えておきましょう。

また、そもそも弁護士・司法書士の中には闇金案件を取り扱わない事務所は非常に多くなっています。そのため、費用面において柔軟に対応できる闇金に強い専門家に依頼をするのが得策です。

一括払い

一般的な弁護士・司法書士の費用の支払い方法は一括払いのみとなっています。例えば、5件の闇金との取引があった場合、費用相場を5万円として25万円ほどの現金が必要になります。

現金の持ち合わせがない方にとっては、依頼するハードルは非常に高いと言えるでしょう。

後払い

通常は弁護士・司法書士には依頼と同時に支払う前払いが一般的です。しかし、闇金に強い事務所なら、解決後に費用を支払うという“後払い”の対応が可能です。

また、その支払いも1ヶ月後~と相談次第ではさらに後ろに伸ばしてもらうことができます。

以下の記事で「闇金 後払い」について詳しく解説しています。

分割払い

闇金案件を積極的に取り扱っている事務所は分割払いにも対応しています。依頼者の支払い能力に合わせて月に5,000円程度~の分割にも応じてくれます。

このように支払い面でも融通が効くため、闇金に強い弁護士・司法書士に依頼することをおすすめします。

以下の記事で「闇金 分割払い」について詳しく解説しています。

闇金の解決費用を安くする方法

闇金の解決費用を最も安くする方法は、自分で相手と交渉することです。しかし、実際に怖い闇金に対して「取立て停止」「元本・利息の不払い」などの交渉を自分でおこなうのは困難です。

交渉を持ちかけるだけで、相手は逆ギレして取立てがさらにエスカレートすることは目に見えています。

そのため、専門家への相談が不可欠になりますが、費用を安くするためには以下のような方法があります。

闇金に強い弁護士・司法書士に依頼すること

これまで再三申し上げてきたように闇金被害は、専門に取り扱う弁護士・司法書士に依頼することが適切な対処法です。日常的に闇金トラブルを扱う事務所とそうでない事務所とは、闇金業界の知識量、交渉力・手続きのスピードが違います。

一方で闇金案件を普段から取り扱わない事務所に依頼すると以下のような不利な結果になる可能性があります。

・闇金を怖がって強気な交渉ができない
・闇金の言うままの条件で不利な解決になる
・取立てがいつまでたっても止まらない
・かえって取立て・嫌がらせがエスカレートする

特に系列店の闇金の場合、連絡してきた弁護士・司法書士の「事務所名を聞いたことがない」「知識が少ない」「交渉力が弱い」という場合には、言うことを聞かないケースがあるため要注意です。

以下の記事で「闇金 弁護士・司法書士」について詳しく解説しています。

件数が多い場合は費用の割引が相談できる

闇金からの借入れ件数が多い場合、弁護士・司法書士の中には費用の割引をしてくれる事務所があります。当然ながら、件数が大きいほど割引率は大きくなります。

また、割引率は事務所によって異なりますので、いくつかの事務所に相談して見積もりを出してもらうことをおすすめします。

警察への相談は無料

警察への闇金相談はもちろん無料です。闇金被害者の方の多くは警察に相談すれば、すぐに問題は解決すると期待をすることでしょう。しかし、警察は実際にすぐに捜査に乗り出すケースは少ないのが実情です。

特に「利息を支払わなかった…」「たくさんの闇金に借入れを申し込んだ…」といように借り主に問題があるケース。また、「後払い現金化のように違法性が判断できない…」「ソフト闇金のように悪質な取立てが見られない…」というように民事性が強い案件は警察は動かない考えておいたほうが良いでしょう。

もしも「身の危険性がある」「事件性が高い悪質な事案」「同じ闇金に大勢の被害者がいる」というように、刑事事件に発展するような案件であれば、警察はすぐに動いてくれます。そのような場合は相談してみましょう。

まとめ

闇金被害に遭っている場合、我慢して支払いを続けずにできるだけ早く解決することが大切です。そんなとき、費用はかかるものの弁護士・司法書士に依頼すれば早期解決が実現します。

闇金問題を専門に取り扱う事務所ならば、支払い方法についても柔軟に対応してくれますので、すぐにでも相談してトラブルを少なくされることをおすすめします。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル