タイトルとURLをコピーしました

当サイトはPRを含みます。

街金とは?特徴や闇金との違い、返済できないときの対処法を解説

街金とは?特徴や闇金との違い、返済できないときの対処法を解説
この記事でわかること
  • 街金とは中小規模の貸金業者のことである
  • 街金は合法ではあるが金利が高く取り立ても厳しい
  • 業者の広告や対応を見れば街金と闇金を区別できる
  • 街金からの借金を返せないときは債務整理が有効

大手の消費者金融や銀行カードローンなどで借入れができなくなると、「街金」の利用を考える方も多いことでしょう。

街金は「闇金」とは異なり合法な貸金業者なので、お金を借りること自体に問題はありません。ただし、両者は見分けがつきにくいことも多いので、間違って闇金に手を出さないように注意する必要があります。

また、街金の貸付は適法な範囲内ではありますが、金利は高く、取り立ても厳しいので借りすぎには注意が必要です。

この記事では、街金の特徴や闇金との違い、見分け方を詳しく解説します。街金に返済できなくなったときの対処法もご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

街金とは

街金とは、正式に貸金業登録をしている消費者金融のうち、中小・零細規模の貸金業者のことです。

「街金」という言葉の由来

「街金」という呼び方は、「街の金融業者」という言葉に由来しています。

消費者金融といえば、アコム、プロミス、アイフル、レイクなど大手の企業をイメージする方が多いことでしょう。

それに対して街金は、街中に小さな店舗を構えて、主にその街の人たちを対象として貸金業を営んでいます。ただし、地元の人にしかお金を貸さないというわけではなく、全国対応している街金も少なくありません。

一般的には、消費者金融のうち、全国的に名が知れた大手の企業を除いた中小規模の貸金業者のことをまとめて「街金」と呼ばれています。

サラ金との違い

「サラ金」と「街金」に違いはありません。

そもそもサラ金とは「サラリーマン金融」の略称です。以前の消費者金融は主にサラリーマンを対象として貸金業を営んでいたことから、サラ金と呼ばれていました。

しかし、現在では自営業者や主婦、アルバイト・パート、さらには学生なども借金をすることが一般化したことから、消費者全般を対象とした貸金業者として「消費者金融」と呼ばれるようになっています。

街金も大手の貸金業者も同じ「消費者金融」であり、「サラ金」と言い換えても間違いではありません。

闇金との違い

街金と闇金には、次のように明確な違いがあります。

街金闇金
貸金業登録の有無正式に登録している無登録で営業している
審査の有無適正な審査を行っている審査は行っていない
貸出金利法定金利の範囲内違法な高金利を要求する
取り立ての方法貸金業法上のルールを守って行う貸金業法上のルールを守らず、犯罪に該当する取り立てを行うことも多い

両者の違いをひとことで言えば、街金は合法な正規の貸金業者であるのに対して、闇金は無登録の違法な悪質業者であるといえます。

街金の特徴

街金には、大手の消費者金融とも闇金とも異なる特徴があります。融資を申し込む前に、街金の特徴を正確に理解しておきましょう。

正規の貸金業者である

街金は、貸金業法に基づき国または都道府県に貸金業としての登録をし、3年ごとの更新も確実に行っています。

正規の貸金業者であるという点で街金は大手の消費者金融と同じですが、無登録で営業している闇金とは異なります。

法律を守っている

街金は正規の貸金業者であるため、貸金業法や利息制限法、出資法などの法律をきちんと守って営業しています。

そのため、闇金のように法外な利息を要求したり、法律に反する悪質な取り立てを行ったりすることはありません。

審査が甘い

街金の審査は、大手の消費者金融よりも甘い傾向にあります。なぜなら、大手の貸金業者では借入れができない人こそが、街金にとっては重要な顧客となるからです。

借金をする人のほとんどが、まずは大手の消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングなどを利用します。これらの大手で審査に落ちた人や、借入れの条件を満たさない人が、街金に融資を申し込むのです。

そのため、街金は大手の貸金業者とは異なる独自の審査基準を設けています。

具体的には、信用情報に傷が付いていてブラックとなっていても、収入や勤務先の企業の安定度、勤続年数などから返済の見込みがあると判断されると審査を通します。

ただし、街金は闇金とは異なり、審査は適正に行います。無職で収入がない人や、多重債務者で返済の見込みがないような人にお金を貸すことはありません。

金利が高い

街金の貸出金利は、大手の消費者金融と比べても少し高くなっています。

その理由は、街金に融資を申し込む人のほとんどは大手の消費者金融を利用できない人であるため、返済に不安があると考えられるからです。

審査基準が甘い代わりに金利を高くして回収不能のリスクに備えるというのが、ほとんどの街金の営業方針となっているのです。

具体的な金利は業者によっても異なりますが、一般的には次の表のようになっています。

大手と街金の実質年利の違い
街金15~20%
大手の消費者金融3~18%

街金では、利息制限法の上限金利が適用されることがほとんどです。大手の消費者金融でも利息制限法の上限に近い金利が適用されることが多いですが、上限に満たない金利が適用されることも少なくありません。

実際にはほんの数%の違いですが、借入額や返済期間によっては最終的な返済額が数十万円も異なることがあるので、注意が必要です。

借入可能額が低い

街金は基本的に小口融資が中心で、大手の消費者金融と比べて借入可能額が低いという点も特徴的です。

やはり、街金は返済に不安がある人にお金を貸すことから、回収不能のリスクを考慮して貸付額も低めに抑える傾向にあります。

大手の消費者金融では、審査に通れば最初から50万円の借入限度枠を設定されることが多く、実績を積めば100万円以上に枠が拡大されることもよくあります。

それに対して、街金では借入限度枠を設定することはありません。申込みの都度、審査によって借入可能額が決められます。当初の借入可能額としては10万円程度までのことが多く、最初から数十万円を借りることは難しいのが実情です。

取り立てが厳しい

街金への返済が遅れた場合には、大手の消費者金融の場合よりも厳しい取り立てが行われます。

街金は闇金とは異なり法律は守るので、脅迫的な取り立てや悪質な嫌がらせを行うことはありませんが、貸金業法上のルールに抵触しないギリギリの取り立てが行われることはあります。

電話や文書による督促は執拗に行われますし、返済を迫る口調や文面も厳しいものであることが多いです。

顧客は地元の人が多いため、担当者が自宅まで取り立てに来ることも少なくありません。早期に裁判や差し押さえの手続きが進められることもあります。

業者によっては、顧客の自宅近辺をうろついたり、通勤の電車内で側に居座り無言でプレッシャーをかけるなどの事例もあります。

街金と間違えて闇金に手を出しやすい理由

街金と間違えて闇金に手を出してしまう人は少なくありません。闇金の被害に遭わないために、街金と闇金を間違えやすい理由を確認しておきましょう。

知名度が低いため見分けがつきにくい

大手の消費者金融はテレビCM等で大々的に広告をしていることから知名度が高く、闇金と間違える心配はまずありません。

それに対して街金が大々的に広告することはあまりありません。広告している街金でもスポーツ新聞に掲載したりチラシを配布したり、業者によっては自社ホームページを開設したりしている程度です。

そのため街金の知名度は低く、社名を見ただけでは街金と闇金を見分けることは困難です。

街金を装った闇金もいる

闇金も大々的な広告は発信できないため、ターゲットとなる顧客を獲得するためにさまざまな工夫をしています。

その工夫のひとつとしてチラシやDM(ダイレクトメール)の送信、SNSやネット上の掲示板サイトなどでの勧誘が挙げられます。このようにして勧誘する際に、街金を装う闇金も多いことに注意が必要です。

街金と闇金の見分けがつきにくいことに乗じて、闇金は自らを「安心できる貸金業者」であるかのように見せかけるのです。

その結果、利用者が騙されて「街金と間違えて闇金から借りてしまった」ということになりかねません。

街金と闇金を見分ける7つのポイント

たとえ間違いであったとしても、いったん闇金からお金を借りてしまうと深刻な被害を受ける可能性が極めて高くなります。そのため、事前に街金と闇金を見分けることは非常に重要です。

街金の利用をお考えの方は、契約前に次の7つのポイントにご注意ください。

  • 貸金業登録をしているか
  • 「ブラックOK」「審査不要」などの宣伝文句を使っていないか
  • 金利が法定の上限を超えていないか
  • 連絡先が携帯電話になっていないか
  • 所在地が実在しているか
  • 貸し付け条件を事前に詳しく説明されるか
  • 契約書が発行されるか

貸金業登録をしているか

街金は貸金業登録をしていますが、闇金は無登録で営業しています。そこでまずは、利用しようと考えている業者が貸金業登録をしているかどうかを確認しましょう。

確認する方法は、金融庁ホームページの検索ツールを使って社名(商号・名称)などを検索してみることです。

【参考】登録貸金業者情報検索サービス(金融庁)

たとえ業者の広告やホームページなどに貸金業登録番号が掲載されていたとしても、虚偽の登録番号である可能性があります。必ず、検索ツールを利用して確認するようにしてください。

この検索ツールを使っても貸金業登録が見当たらない場合、その業者は無登録の違法業者ということなので、融資の申込みはやめておきましょう。

「ブラックOK」「審査不要」などの宣伝文句を使っていないか

広告や勧誘の際に「ブラックOK」「審査不要」などの甘い宣伝文句を使っている業者は、間違いなく闇金なので、利用しないようにしましょう。

街金もブラックの人にお金を貸すことはありますが、厳正な審査の結果、返済の見込みがあると考えられる場合にのみ貸しているに過ぎません。

闇金のように、ブラックの人をことさらにターゲットとして勧誘しているわけではないのです。

金利が法定の上限を超えていないか

契約前には必ず金利の説明を受けて、その金利が法定の上限を超えていないかを確認してください。

街金はギリギリではありますが、法定の上限金利は守っています。法定の上限金利は借入額に応じて異なりますが、年15~20%です。

それに対して闇金は、法定の上限をはるかに超えた金利を要求してきます。「トイチ」「トサン」「トゴ」といった金利を要求されることが多いです。

これらの金利を年利に引き直すと、どれほど法外な金利であるかがおわかりになることでしょう。

闇金の金利を年利に直すと何%になるか
トイチ(10日で1割)365%
トサン(10日で3割)1095%
トゴ(10日で5割)1825%

なお、闇金は金利を「○割」や「○%」といった割合で説明せず、「○日以内に完済できない場合は○円の利息を支払え」と説明することもあります。

その場合は、借入額と利息の支払日までの日数、利息の金額から金利を計算してみましょう。

例えば、10万円を借りる際に「10日以内に完済できない場合は1万円の利息を支払え」と言われた場合は、10日で1割(トイチ)なので、金利は年365%となります。

連絡先が携帯電話になっていないか

消費者金融が広告をする場合には、連絡先として所在地や固定電話の番号を表示しなければならないということが、貸金業法で定められています。

しかし、闇金の場合は連絡先として携帯電話の番号やメールアドレスしか表示していないことがほとんどです。

正規の貸金業者は広告に携帯電話の番号を表示することはありませんし、そもそも営業に携帯電話を用いることもありません。この点は、街金であっても同じです。

連絡先として携帯電話の番号を表示している業者は間違いなく闇金なので、利用してはいけません。

所在地が実在しているか

広告に業者の所在地が記載されている場合は、念のためにその所在地が実在しているかどうかも確認しておきましょう。

闇金はそもそも広告や勧誘の際に所在地を表示しないことが多いですが、虚偽の所在地を表示する闇金もいます。

表示されている所在地をインターネットで検索してみて、全然関係のない会社の所在地であった場合や、そもそも存在しない所在地であった場合には、虚偽の所在地ということになります。

虚偽の所在地を表示する業者は間違いなく闇金なので、利用しないようにしましょう。

貸し付け条件を事前に詳しく説明されるか

街金であれば、契約前に貸し付け条件について次のような事項を詳しく説明してくれます。

  • 貸付額
  • 返済の方式
  • 返済期間、返済回数
  • 遅延損害金が発生する条件やその利率 など

貸金業者による貸し付けは、法律上の「金銭消費貸借契約」に該当します。正規の貸金業者は、顧客とのトラブルを防止するため、事前に契約条件を詳しく説明し、申込者の同意を得るという手順を欠かしません。

一方、闇金は最初から法律を守る気などありません。そのため、貸付額と返済期間、金利だけは説明しますが、それ以外の事項については説明しないことがほとんどです。

申込者の無知に乗じてお金を貸し付けて、返済が滞ると違法な取り立て手段を用いてお金をむしり取るというのが闇金の手口なのです。

契約書が発行されるか

街金を含む正規の貸金業者は必ず貸し付け時に契約書を発行しますが、闇金は契約書を発行しないことが多いです。

そこで、お金を借りる際には契約に同意する前に、「契約書にはどのようにしてサインすればよいのでしょうか」と尋ねるようにしましょう。

「契約書などいらない」と回答されたら、その業者は闇金なので、契約せず手を切るべきです。

街金からの借金を返せないときの対処法

街金の借金を返せないときの対処法
街金から借金した場合には、金銭消費貸借契約が有効に成立しているので、契約に従って返済する義務があります。金利が高くて返済できないときには、次の対処法を検討しましょう。

  • おまとめローンや借り換えで返済する
  • 親族等の協力を得て返済する
  • 債務整理を検討する

おまとめローンや借り換えで返済する

できれば、低金利の銀行などでおまとめローンや借り換えを利用し、街金からの借金は完済してしまうことが有効です。

借金は残りますが金利を引き下げることができるので、返済の負担を軽減できます。

親族等の協力を得て返済する

もっとも、街金を利用する方の場合は、おまとめローンや借り換えの審査に通らないケースもあることでしょう。そんなときは、親族等の協力を得て街金からの借金を完済してしまうことが考えられます。

お金を出してもらった親族等に返済する必要があるとしても、通常は利息が不要なので、返済の負担を軽減することができるでしょう。

債務整理を検討する

どうしても返済が難しい場合には、債務整理を検討することをおすすめします。

債務整理とは、法律に則った手段で借金を減免してもらうことが可能な救済制度のことです。街金の中には債務整理に協力しない業者もありますが、弁護士・司法書士からの交渉には応じる業者が大半です。

具体的な債務整理の手続きとして、主に次の3種類があります。

  • 任意整理…今後の利息のカットや返済期間の延長を債権者と直接交渉する手続き
  • 個人再生…裁判所に申立てをして借金を大幅に減額してもらう手続き
  • 自己破産…裁判所に申立てをして借金を全額免除してもらう手続き

借金総額や収入・資産などの状況に応じて適した手続きを選んで行えば、借金問題は必ず解決できます。

街金の他に大手消費者金融などからの借金も抱えている場合は、まとめて債務整理による解決を検討するとよいでしょう。

闇金に手を出してしまったときは弁護士・司法書士に相談

街金と間違えて闇金に手を出してしまった場合は、すぐ弁護士または司法書士に相談することをおすすめします。

闇金による貸し付けはそれ自体が犯罪行為なので返済義務はなく、債務整理の対象にもなりません。

しかし、返済を拒否すると過酷な取り立てや悪質な嫌がらせ行為によって深刻な被害を受けてしまうため、弁護士・司法書士に対応してもらうことが重要です。

闇金も自分たちが犯罪行為をしているということは百も承知なので、顧客が弁護士・司法書士に依頼した場合には、法的措置を恐れて取り立てや嫌がらせ行為をやめることがほとんどです。

身の危険を感じるときは警察への相談が必要なこともありますが、まず弁護士・司法書士に相談すれば、刑事告訴の手続きなどもサポートしてもらえます。

まとめ

街金は合法な正規の貸金業者ですが、金利が高く、取り立てが厳しい業者がほとんどなので、できる限り街金の利用は避けていただきたいところです。

もし、既に大手消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードなどによる借金を抱えている場合は、早めに債務整理をするなどして根本的に借金問題を解決することを検討してみましょう。

また、街金や闇金の借金でどうすればよいのかわからないときは、弁護士・司法書士に相談しましょう。最適な解決方法に導いてもらえます。

街金への返済が難しいときも、闇金に手を出してしまったときも、弁護士・司法書士への相談が解決への第一歩となります。

24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士はこちら