個人間融資にも上限金利は適用される?違法融資の判定方法を解説【計算機付き】

個人間融資にも上限金利は適用される?金利計算シミュレーターで違法融資を判定
この記事でわかること
  • 個人間融資と上限金利の関係
  • 個人間融資は闇金の可能性大!利用は控えたほうが懸命
  • 金利が違法だった場合の対処法

この記事はこのような方にオススメです!

・個人間融資に上限金利は適用されるのか知りたい方

・個人間融資でお金を借りようかお悩みの方

・便利な『金利計算機』で個人間融資の金利を確認したい方

Twitterやインターネット掲示板で知りあった個人間でお金を貸し借りする「個人間融資」の利用に注意しましょう。

個人間融資は、気軽に個人間でお金を貸し借りできることから、カードローンや消費者金融の審査に通らない方が手を出してしまうケースが多いようです。しかし、個人間融資で用いられている金利は、上限金利を超えた違法な利率である場合が非常に多いとされています。

この記事では、個人間融資に適用される金利について詳しく解説します。さらに、個人間融資の金利をチェックし、違法融資か判定できる「金利計算機」で自分が借りた個人間融資の貸手が闇金でないかをあわせて確認してみましょう。

違法な闇金業者からは絶対にお金を借りてはいけません。

個人間融資に上限金利が適用されるか確認した上で、便利な金利計算機で個人間融資の金利を確認してみましょう!

個人間融資とは?

個人間融資とは、その名の通り個人間で金銭の貸し借りを行う行為のことです。

本来であれば、個人間融資は親しい家族間や友人など、身近な関係の人達との一時的なお金の貸し借りを指します。しかし、近年問題となっている個人間融資は、Twitterやインターネット掲示板などで知りあった者同士が、金銭の貸し借りを行う金融取引ができます。

個人間融資を利用する借手の多くは、カードローンや消費者金融の審査に通らない多重債務者です。その一方で貸手は、無免許で貸金業を営む個人か、お金を借りられなくて焦っている方々をターゲットとして法外な金利をふっかけ暴利を貪る闇金業者のいずれかです。いずれにしても違法貸金業者です。

個人間融資は事件やトラブルに巻き込まれるリスクが高い取引ですから、絶対に借りてはいけません。

【参考】『SNSなどを通じた「個人間融資」で見知らぬ相手から借入れをするのはやめましょう!』(国民生活センター)

個人間融資とは?借りてはいけない理由と相手が闇金だった場合の対処法
個人間融資とはSNSや掲示板で知り合った個人間でお金を貸し借りする行為です。個人間融資の貸手は闇金であることが多いため絶対に借りてはいけません。トラブルに遭った場合には早めに弁護士や司法書士に相談してください。

個人間融資にも上限金利は適用される

個人間でのやり取りとはいえ、個人間融資は見知らぬ者同士が金銭の貸し借りを行う立派な法律行為です。法律行為ということは、利息制限法や出資法で定められた上限金利が適用されます。

出資法と利息制限法による上限金利をそれぞれ確認しましょう。

出資法による上限金利(年109.5%)を超える利息は出資法違反

出資法の上限金利を超えた取引は個人間融資でも違法です。

個人として借手にお金を貸す場合、出資法の決まりにより「年109.5%」の上限金利を超える利息を設定すると、出資法違反になります。そして貸手には、刑事罰として5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金刑が処されます。

そのため、「個人間融資は金利なんて関係無いから、借りたものはすべて返さないと…」という思い込みは禁物です。

また、個人間融資でよく見られる「手数料」も法律上は金利とみなされます。貸し手側の「手数料は利息に含まれませんからこの取引は合法です。借りたものはすべて必ず返してください」という言葉も要注意です。

出資法の上限金利である年109.5%を超えるものであった場合、相手は闇金融です。

利息制限法による上限金利を超えた個人間融資も違法になる

利息制限法による上限金利を超えた取引は個人間融資でも違法です。

個人間融資は、出資法とあわせて利息制限法による上限金利も適用されます。利息制限法を違反した場合は出資法のように刑事罰の対象にはなりませんが、金利が上限制限を超えていた場合には契約自体が無効となります。

利息制限法で定められた上限金利を超える金利を要求されたら相手は闇金です。

利息制限法による上限金利
  • 元本が10万円未満のときの上限金利 → 年20%まで
  • 元本が10万円以上から100万円未満のとき上限金利 → 年18%まで
  • 元本が100万円以上のときの上限金利 → 年15%まで

個人間融資金利計算機で闇金の違法融資かどうかを判定する

個人間融資の貸し手の中には、法外な金利で融資をしている闇金業者が紛れ込んでいます。

「個人間融資金利チェック計算機」では「借入金額」「借入期間」「返済金額」から金利を計算できます。下記に数値を入力して金利を確認してみましょう。

借入金額万円
借入日数
返済金額万円

※ 半角で入力してください。
返済方法が分割払いの場合は、合計期間・金額を記入してください。

年利{{nenri}}%
合法な融資です
年利が20%以内のため違法融資ではありません。
年利{{nenri}}%
違法融資の可能性があります
貸し手が個人の場合の上限年利は109.5%ですが、業者の場合の上限年利は20%です。そのため貸し手が業者の場合は違法融資です。
年利{{nenri}}%
違法融資です
上限年利の109.5%を超えているため違法融資です。

注:当計算機では閏年を考慮していません。

金利の計算方法

当計算機では、金利を以下の式で計算しています。
金利 = 年間日数(365日) × 利息 ÷ (借入金額 × 借入日数)

違法融資かどうかの判別方法

当計算機では、違法融資かどうかを出資法の上限金利と比較して判断しています。

出資法の上限金利は以下のようになっています。

  • 貸金行為を業として行う者(業者)・・・20%
  • 貸金行為を業として行わない者(個人)・・・年109.5%(閏年は109.8%)

「業として」行うかどうかは反復意思の有無などで判断されます。つまり貸し手が個人であっても不特定多数が閲覧可能なSNSなどで集客している場合は反復意思ありと見なされ、上限金利が20%となる可能性があります。

結果が違法金利だった場合の対処法

個人間融資金利チェック計算機で算出した結果が上限金利を超えていた場合は、闇金問題に詳しい弁護士・司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。というのも、上限金利を破る取引を持ちかけてくるような貸手は闇金業者である可能性が高いためです。

個人間融資でやり取りしている相手が闇金だと判明した場合、多くの人は「連絡を無視する」「相手のアカウントをブロックする」などの防衛策を取ります。

しかし、相手は闇金です。最初の取引で提示したあなたの個人情報をもとにあらゆる手段で取立てを行う可能性があります。夜間・早朝の電話での取立て、会社や家族への取立てとエスカレートしていくでしょう。

そのため、個人間融資でのトラブルは無理に個人で解決しようとはせず、闇金問題に詳しい専門家に相談することをおすすめします。

個人間融資の体験談

当サイトには「個人間融資の被害にあった」「個人だと思って借りたらの闇金だった」というような相談が数多く寄せられます。その中から一部をご紹介します。

個人だと思ったら闇金だった|飲食業 男性 34歳

ケガの治療費と収入減により消費者金融4社から融資を受けたのが始まりでした。さすがに4社に返済するのはきびしくなって、返済が滞るようになってしまい、他の貸金業者からも借りられなくなりました。

そこで、給料日までの生活費を捻出するために個人間融資を利用することにしました。Twitterに「お金借りたい」と書き込んだところ、たくさんの返信がありました。その中から融資歴10年のBさんという人が良さそうだったので、連絡をしたところ、初回は少額になるということで2万円の融資を受けることになりました。

返済額は月末までに4万円ということに驚きましたが、他に方法はありません。しかも手数料の5千円を引かれて、1万5千円の入金に応じました。その際、免許証の写し、職場の連絡先、実家の住所、親の職業などの個人情報の提示を求められて、最初は抵抗がありましたが、当座のお金が無いと生活もできないため、やむを得ずそれらを送りました。

その後、支払いが遅れたところ、毎日電話がかかってきて催促を受けています。初回の分は返済しましたが、また利用してしまい、毎月の利息の支払いに追われる始末です。催促の際にだんだん怖い口調に変わることから、ようやく相手が闇金だと分かりました。

違法金融には支払いの必要は無いと聞きましたので、司法書士さんに相談しました。やはり、相手は闇金でしたが、交渉を代行してもらった結果、取立てはピタッと止まりました。どうなることかと思いましたが、司法書士さんに相談して解決できてよかったです。

10日で3割の利息で貸し付けるソフト闇金だった|OL 女性25歳

もともと浪費癖があって、カードローン・消費者金融5社から借り入れしていましたが、とうとう返済が厳しくなりました。そこで、やむを得ず個人間融資の掲示板からお金を借りることにしました。

貸し手の中から信用できそうな人を選んでメールでやり取りすることになり2万円を借りました。条件は10日で3割の利息で個人情報(住所、氏名、職場、保険証のコピー、保証人の親の連絡先など)を提出することでした。相手は親切・丁寧な人だったので安心してお金を借りて、個人情報もすべて送りました。

月末までに返済は何とかして終えたのですが、その後、相手の態度が変わって完済であることを認めてくれません。さらには、「さっき1万円振り込んだから…」と言われて、結局そのまま借りることになりました。

案の定、その後はしつこく催促が来るようになりました。友人に相談したら「相手はソフト闇金だから司法書士や弁護士に相談するのが良い…」ということで、すぐに相談しました。

依頼した司法書士さんはすぐに交渉してくれて、以降は相手からの連絡は止まりました。個人間融資は違法な業者が多いということを教えてもらって、二度と利用はしないと誓いました。

まとめ

個人間融資にも、法律で定められた上限金利は適用されます。上限金利を超える取引は無効であるため、返済を強いられても要求に応える必要はありません。

さらに、個人間融資の貸手は闇金業者が多いため、個人間融資ではお金を借りない方が懸命です。

お金に困っているのであれば債務整理を検討したり、行政の貸付制度の利用をすると良いでしょう。もし、すでに個人間融資のトラブルに巻き込まれてしまっている場合には、闇金問題に詳しい専門家に相談してみましょう。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル