闇金からお金を借りるとどうなる?絶対に借りてはいけない理由と手口を解説

闇金からお金を借りるとどうなる?絶対に借りてはいけない理由と手口を解説

監修 田中 陽介
/司法書士法人ジェネシスWEST 代表

大阪司法書士会所属 第4466号、簡裁認定番号 第912164号
司法書士として活動して以来、借金問題や債務整理に積極的に取り組む。悪質な闇金問題の解決実績と経験は専門家の中でもトップクラスを自認。闇金に悩む人の救済をライフワークとして日夜奮闘中。

大阪司法書士会所属 第4466号、簡裁認定番号 第912164号
司法書士として活動して以来、借金問題や債務整理に積極的に取り組む。悪質な闇金問題の解決実績と経験は専門家の中でもトップクラスを自認。闇金に悩む人の救済をライフワークとして日夜奮闘中。

この記事でわかること
  • 闇金とは違法な貸金業者である
  • 闇金からお金は絶対に借りてはいけない
  • SNSでの勧誘が増えている
  • 困ったときは警察と法律の専門家に相談する

借金の返済時期が迫っている中、消費者金融がお金を貸してくれない場合、多くの人は貸してくれるなら相手は誰でもいいと考えるようになります。例えそれが闇金だと分かっていてもです。

経済的に切羽詰まった状態になると、人はお金を借りることを優先するため、借りた後にどうなるかについてはあまり考えなくなるものです。しかし、闇金でもいいからお金を借りたいと考えるならば、そのリスクについて知っておかないと後悔することになります。

この記事では、多額の借金でお困りの方のために、「闇金で借りるとどうなるのか」「闇金の種類や融資の手口はどのようなものがあるのか」について解説します。

闇金とは違法業者である

まずは、「闇金」とはどんな違法な金融業者なのかを知る必要があります。結論から申し上げると、闇金とは違法な貸金業者です。

貸金業を営むためには、貸金業法に従って国や都道府県に開業申請や登録をすることが法律で義務付けられていますが、闇金は届け出を一切おこなっていません。しかも貸金業法で定められた金利よりも大幅に高い超高金利で融資をおこないます。このように違法な手段で貸金業をおこなっているのが「闇金」です。

闇金に手を出すと超高金利のため、その借金を返済するのは容易ではありません。毎月の利息返済だけでも大変になりますが、返済が滞ると家族や会社を巻き込んで厳しい取立てを行います。

闇金は違法な営業行為をおこなっている金融業者ですから、本来、借りたお金は返済する必要は無いのです。しかし、闇金から借りた弱みもあってか多くの債務者が返済に悩み・苦しむことになります。

闇金に借りるリスクとトラブル

闇金の融資の特徴は、普通の貸金業者と比較して審査がゆるいことです。多重債務があったり、自己破産をしていても「何らかの仕事に就いている」「多少の収入がある」という人に対しては簡単にお金を貸します。

ただし闇金は融資する際に、住所、携帯番号、会社、家族などの個人情報を提出させます。この個人情報が登録されることにより、厳しい返済取立てはもとより、さまざまなリスクが生じることを覚えておく必要があります。

闇金との取り引きにより起こり得るトラブルのケースをご紹介します。

悪質な契約を押し付けてくる|白紙委任状への署名強要

闇金の契約書は貸し手の都合に合わせて勝手に作られたものですが、中には白紙委任状への署名を強要してくる業者がいます。白紙委任状へ署名すると、闇金業者は契約内容を勝手に書き込み、違法な契約内容に同意した契約書ができあがるのです。

このような契約書は法律的には無効ですが、闇金を利用する人は一度契約書に署名すると契約を守らなければいけないと思い込んでしまいます。そこに付け込んで、闇金業者は白紙委任状に違法な利息や返済方法を契約内容に書き込んで過酷な取り立てをおこないます。

闇金のターゲットから逃げられなくなる

闇金で借りるような人は、一般の金融機関ではお金を貸してもらえない場合がほとんどです。そのため、闇金は以下のような人をターゲットにしています。

  • 多重債務者
  • 金融ブラックの人
  • 自己破産者
  • 債務整理経験者
  • 年金受給者
  • 生活保護受給者

一般の貸金業者には「総量規制」という借り手の返済能力を超える融資は禁止されていますが、闇金はそんなことにはお構いなしです。借り手に返済能力以上のお金を貸し付けて、逃げられないようにして、高い利息を長期間払わせるのが手口です。

違法な超高金利で返済できなくなる

金融業者が融資をする場合、金利の上限は年20%と出資法で定められていますが、闇金は上限を超える違法な金利で貸し付けます。闇金で借りると、10日で1割(トイチ)や10日で5割(トゴ)という法外な利息の支払いを要求されます。このような違法な金利でお金を借りると、当然ながら、すぐに返済が行き詰まり生活は破綻します。

【参考】:出資法第5条第2項

返済が遅れると悪質な取り立てをおこなう

借りたお金を順調に返済していれば闇金業者は優しくて親切ですが、返済が遅れると態度が変わります。暴言を吐いたり脅迫したりするようになり、家族や職場へ連絡してくるようになります。その取立ての電話も朝から夜まで続きます。

本来、正当な理由もなく「夜中に取立てをする」「家族や会社に電話する」のは貸金業法で禁じられていますが、闇金にはそのような法律は一切関係なく悪質な取立てをおこないます。

個人情報の名簿が出回り詐欺被害にあう

闇金からお金を借りると闇金利用歴のある人のリストへ登録されるようになります。そのような名簿が、他の闇金業者や詐欺集団に出回るようになります。詐欺集団へ個人情報が出回ると、さまざまな勧誘が相次いで来るようになり、闇金とは関係のない場面で詐欺の被害にあう可能性が高くなります。

連鎖的に借金が増えていく

闇金は返済できない人に対して、別なところから借りてでも返済しろと恫喝してきます。あるいは、別な闇金業者を紹介して、そこから借りたお金を返済に充てるように誘導することがあります。

そのようなことが続くと、いつの間にか闇金からの借り入れは数社になります。そうなると、負の連鎖により借金は雪だるま式に増えていきます。

返済のために仕事を強要される

返済ができなくなると、闇金が仕事を紹介して、そこで働いて返済するように強要されるケースがあります。男性ならば肉体労働や違法な仕事の手伝い、女性ならば風俗・アダルト産業での労働を強要されることがあります。

前述したように闇金への返済は法律的に不要なのです。そのような返済のために仕事をすることに同意する必要はありません。

返済できないと犯罪に加担させられることがある

返済が行き詰まると、借金のかたに闇金業者から犯罪行為への加担を勧誘されることがあります。例えば、「融資の勧誘」や「架空請求の手伝い」をしたりするケースです。

闇金の利用者は犯罪の被害者ですが、返済ができなくなると詐欺などの犯罪の加害者にされることがあるので注意しましょう。

闇金の勧誘方法|最新の手口

闇金はさまざまな方法で勧誘しており、年々その方法は変化しています。最新の手口についても知っておく必要があります。

以下では、具体的な勧誘方法をご紹介します。

掲示板やSNSを利用した個人間融資

インターネット上の掲示板やSNS(Twitter)で、個人が「お金貸します」「個人間融資募集」などの書き込みを見ることがあります。実はこれらは闇金業者の勧誘であるケースがほとんどです。中には個人が本当に貸してくれることもありますが、これも違法融資ですので、やっていることは闇金となんら変わりません。

SNSを利用したコミュニケーションは、相手に対して親近感が湧いて友達とやり取りしているような錯覚を覚えます。その結果、つい気軽に借金をしてしまう傾向がありますが、相手は闇金です。最近、Twitterを介しての闇金被害が増えていますので、気をつけなくてはなりません。

090金融

090金融とは、事務所は構えずに携帯電話だけでやり取りする闇金業者のことです。警察に摘発されないように、携帯販売会社から横流しされた携帯、盗品携帯、プリペイド式携帯、さらには客の債務者に契約させた携帯を使って営業をおこないます。

090金融は電柱広告やダイレクトメールにより勧誘を行い、「金融ブラックOK」を売り文句に少額からでも貸し付けるのが特徴です。昨今、ソフト闇金と言われる「優しい対応をおこない安心させて貸付をおこなう闇金業者」が増えていますが、このソフト闇金も携帯電話のみで営業をおこう090金融の一種です。無店舗型の金融業者は金融庁や自治体に貸金業の届出をおこなっていない違法業者ばかりですので、決して利用してはいけません。

ひととき融資

ひととき融資という悪質な手口が増えています。これは、個人間融資を装い女性にお金を貸して、期限までに返済ができない場合、返済期限を延ばす代わりに体の関係を迫るという卑劣な融資手口です。体の関係を拒否すると激しく返済を迫るため、女性はやむなく肉体関係に応じることになります。

最近では、Twitterや掲示板を介して一般人がひととき融資をおこなうケースが増加しています。闇金もこれに似た手口で、返済できない女性に対して「脅す」「強要する」などして、風俗店で働かせることをおこないますので注意が必要です。

闇金の勧誘方法|古典的な手口

以上で闇金の最新の勧誘方法を紹介しましたが、未だ古典的な手口が完全に姿を消したわけではありません。

以下では、古典的な勧誘方法をご紹介します。

システム金融

システム金融とは、中小の企業経営者など資金繰りが苦しい人をターゲットにして、FAXやダイレクトメールを送りつけて手形や小切手などを担保に融資する業者です。中には担保を取らずに融資をする業者もいます。

システム金融は、複数の関連業者が連携して債務者を食い物にするのが手口です。返済ができなくなった経営者に次から次に別の業者が勧誘をおこない、気づいたら借金地獄に陥ってしまいます。

会社のFAXに無差別に「即日融資」「無担保OK」などのDMを送ってきますので、そのような勧誘を見たことがある人もいると思いますが、実態は闇金ですので、軽い気持ちでお金を借りてはいけません。

システム金融は、手形や小切手が不渡りになるのを回避したい債務者の心理に付け込んで、高い利息を払わせます。融資申込者とは面談せずに、電話やFAXでやり取りするだけで融資の勧誘をするのが手口です。

年金担保金融

年金担保金融とは、年金受給者の年金を担保に貸し付ける悪徳業者です。「年金を担保にお金を貸します」「年金で立て替え」などという広告をスポーツ新聞に掲載して勧誘します。

貸し付ける際には年金証書を取り上げて、本人に代わって年金を受け取るというやり口です。悪質なケースでは、借金返済後も年金証書を返還しないことがあります。

自動車金融

自動車金融とは、自家用車を担保にお金を貸し付ける業者です。車を担保にするといっても実態は通常の融資とは異なります。

最初に、車の売買契約を締結して所有権を業者へ移転して、売却代金を融資します。さらにリース契約を締結して、リースしてもらう形にして利用者は車に乗り続けるのです。

高額なリース料は利息のようなもので、毎月はらわなくてはなりません。万が一返済できなくなると、車の所有権は業者にあるので回収されます。

紹介屋

紹介屋とは、多重債務者に対して融資先を斡旋して手数料を取る違法業者で、コーチ屋とも呼ばれています。融資先を斡旋することは違法ではありませんが、手数料を取って融資先を斡旋するには貸金業の登録をしなくてはなりません。

【参考】:貸金業法第2条

紹介屋は、貸金業の登録をしていない違法業者であるケースがほとんどです。手数料は融資額の2~4割ほどで、紹介屋が融資先へ斡旋したから融資を受けられたかのように偽装します。ところが、実際には前もって調べていた金融業者を教えるだけで、何もしません。

整理屋

整理屋とは、多重債務者の借金を整理して一本化することを約束して、手数料を取る悪徳業者です。いい加減なことをしたり何もしなかったりして、債務を整理することなく手数料だけ取られます。

結局、借金は一本化されませんし、返済が進まず金利がかさんで借金が膨らむだけです。

買取屋

買取屋とは、多重債務者にクレジットカードで高額商品を購入させ、その商品を購入額よりも安く買い取る悪質な業者です。買い取った商品を転売して、購入金額との差額が業者の利益になります。

例えば、債務者に50万円のパソコンをクレジットカードで購入させ、20万円で買い取ります。債務者には50万円の債務と現金20万円が残り、業者はパソコンを40万円で転売しても20万円の利益です。

チケット金融

チケット金融とは、新幹線等の回数券をクレジットカードのショッピング枠で購入させ、そのチケットの売買により利益を得る行為です。換金性の高いチケットを安く買い取って売却し、高金利で融資したのと同じ金利を取ります。

チケットをチケット業者へ転売する行為は違法でありませんが、闇金業者に無理やりやらされるのは違法です。

カラ貸し

カラ貸しとは、お金を貸していないにもかかわらず、脅迫あるいは詐欺的手法によりお金を取り立てる手法のことです。多重債務者をターゲットにして、電話や電報を使ってお金を無理やり振り込ませます。

よくある手口として「あなたの債務を引き継いだので、至急連絡してください。連絡がなければ、あなたの身内に迷惑がかかります。」などという内容のお悔やみ電報を送ってきます。

押し貸し

押し貸しとは、闇金業者が勝手に多重債務者の銀行口座にお金を振り込み、後日電話をかけて高い利息を付けて借金を取り立てる手口です。

勝手に振り込んできたので返済の義務はありませんが、多重債務者はお金に困っているので使ってしまいます。そのため「家族や職場へばらす」と脅されると、要求に応じるケースがほとんどです。

闇金の見分け方

闇金は法律を遵守せずに貸金業を営んでいる違法業者です。国が定めたルールを守らずに営業している業者からお金を借りると、トラブルに巻き込まれるリスクが高くなります。そのリスクを避けるとためには、闇金かどうかを見極めなくてはなりません。

では、どうやって闇金を見分ければいいのでしょうか。以下では、闇金の見分け方をご紹介します。

貸金業の登録をしているか確認する

貸金業を営む場合、国や都道府県に登録することが法律で義務付けられています。登録せずに貸金業を行っているのは違法業者です。登録の有無は、金融庁の登録貸金業者情報検索を利用すると調べられます。

闇金は貸金業の登録をしているかのように偽装して、虚偽の登録番号を掲載しているケースがあるので注意しましょう。あやしい場合は、国や都道府県の担当部署へ問い合わせると正規の貸金業者かどうかがわかります。

【参考】:貸金業法第3条第1項

携帯電話でしか連絡できない場合は要注意

闇金は固定電話を設置していることはなく、利用者との連絡は携帯電話を使います。闇金は違法業者であり、警察に摘発されるのを恐れています。

固定電話があると、簡単に摘発されてしまうのです。

架空の住所でないか注意する

闇金は警察の摘発から逃れるため、ホームページや広告に記載している住所は架空であるケースがほとんどです。インターネットで住所を検索しても、存在しない住所であったり、別の会社の住所であったりします。住所が確認できない貸金業者は、闇金であると判断していいでしょう。

金融ブラックでも融資してもらえる

金融ブラックとは、信用事故により信用情報機関に登録され金融機関からお金を借りられない状態のことです。金融ブラックであることがわかると一般の金融機関ではお金を借りることはできませんが、闇金なら借りることができます。

闇金からお金を借りてしまった場合の対処法

闇金からはお金を絶対に借りてはいけませんが、借金苦からすでに借りてしまっている方もいるでしょう。

闇金からお金を借りてしまった場合の対処法を解説します。

警察へ相談する

闇金問題に悩んでいる場合、まずは警察へ相談してください。警察の生活安全課では闇金問題の相談を受け付けています。警察署では詳しく事情聴取を受け被害届を作成します。

闇金から取り立てで暴力を振るわれた場合や、事件性の高い「刑事事件」として判断された場合には、警察はすぐに闇金問題を対処してくれます。

相談は無料ですので、闇金被害の状況を警察に話しておくことに損は無いでしょう。

法テラスを利用する

法テラスとは、国が運営する法律トラブルの相談窓口です。法テラスでは、多重債務や闇金問題の相談を受け付けています。

弁護士の紹介や、依頼主の収入が少ない場合には弁護士費用の立替えも行っています。そのため、闇金問題で悩んでいる債務者の方にとっての強い味方となってくれます。

ただし、法テラスでは「自分が弁護士が選べない」「弁護士によっては闇金問題に詳しくない」などのデメリットもあります。そのような場合には、次に紹介する闇金専門の弁護士に紹介すると良いでしょう。

闇金問題に詳しい弁護士や司法書士に相談する

闇金問題に詳しい弁護士や司法書士であれば、問題をスムーズに解決することが可能です。

法律の専門家に闇金問題を相談することで、

  • 証拠収集

  • 口座凍結
  • 和解交渉

  • 刑事告訴

などの手続きを一任することができます。

解決までの費用はかかりますが、相談のみであれば無料の法律事務所も多いため、一度弁護士や司法書士に話を聞いてもらうのが良いでしょう。

まとめ

闇金によるお金の貸付は違法であり、返済を迫られても返済する義務はありません。ただし、最初から借金を踏み倒するつもりでお金を借りる行為は、詐欺になるので決してしないでください。

多額の借金があり返済に困っている場合、闇金で借りる前に弁護士や司法書士へ相談することをおすすめします。また、すでに闇金から借りてしまっている方も、弁護士に相談してください。

現状を打破できる解決策の提案により、あなたの力になってくるでしょう。

トップへ戻る
相談無料!
現在営業中の闇金専門家はこちら
タイトルとURLをコピーしました