闇金用語集

闇金の「被害を最小限にする」「適切な対処法を知る」ためには“相手を知る”、“必要な知識を得る”ことが大切です。そこで、ここでは闇金の手口や専門用語をまとめました。

闇金対策としてご活用ください。

あ行

・IDセルフィー(アイディーセルフィー)
免許証やパスポートなどの本人確認書類を持って、顔写真を撮影した画像のこと。一般の金融機関や投資(暗号資産、FX)などの口座開設時に必要になることがある。闇金や後払い現金化業者は利用者にIDセルフィーを申込時にメールやSNSを使って送らせることがある。これは、支払いが遅れた際に「ネットにばらまくぞ」「会社に郵送するぞ」などと、脅しや嫌がらせをするためのもの。

・後払い現金化
ツケ払い現金化とも言う。利用者は商品を購入すると、キャッシュバックと称してお金が振り込まれ(貸し付け)、その後、指定期日に利息含めた金額を支払うという違法金融モデル。SNSの「いいね」「リツイート」「レビュー投稿」による、広告協賛をおこなうことでキャッシュバックするモデルもある。警察の取り締まりを避けるために作り出された闇金ビジネス。

・相保証(あいほしょう)
闇金の利用者同士を連帯保証人にさせること。自分が返済できなくなると保証人に迷惑がかかるため、支払いを続けさせる動機づけとして用いる手口。

・追い貸し
返済することが厳しくなっている利用者に対して追加融資をすること。元金・利息が膨らむことで闇金の利益は大きくなる。追加融資を受けることで、利用者は闇金から逃げられなくなる。闇金にとって利用者を支配するための都合がよい融資の手口。

・押し貸し
借り入れを申し込んでいないのに、強引に貸し付けをする行為。闇金は利用者に完済させず、逃さないために押し貸しをよく行う。また、知らない闇金から押し貸し(お金が振り込まれる)されて取立てにあうケースもよくある。

・鬼電(おにでん)
闇金から鬼のようにしつこい電話による取立て・嫌がらせが行われること。貸金業法第21条第一項に「人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動」の禁止が明記されている。何度も電話で取立てをするのは明らかな違法行為である。

か行

・貸金業法
貸金業を営む業者が守るべき法律。(昭和58年に新たに制定)貸金業法には、借り過ぎ、貸し過ぎ、上限金利、法令遵守、免許登録の義務などが盛り込まれている。闇金はこのような貸金業法を守らない違法金融である。

・系列店
闇金の中には1つの組織が複数の店舗(屋号)を運営したり、関連グループでたくさんの闇金を運営していることがある。これらは系列店と呼ばれ、利用者の個人情報を共有しており、カモと見たら組織ぐるみで貸し付け・取り立てをおこなう。次から次に新たな闇金から勧誘や押し貸しがあるため、いつまで経っても闇金地獄から抜け出せなくなる。

・高額融資
まとまった高額なお金を融資すること。闇金は利用者を集めるために「高額融資可能」「30万円~融資」というように誇大広告を用いる。実際は返済能力が少ない利用者に対して、初回は数万円程度しか貸さない。

・借り逃げ(借りパク)
文字通り、闇金からお金を借りて支払わず逃げること。中には借りては逃げるを繰り返す借りパク常習者もいる。

・官報(かんぽう)
国の機関紙な役割を持つ情報誌。国の決定事項や重要事項が公告される。自己破産、個人再生をおこなうと氏名・住所などが官報に掲載される。そのため、官報に載った債務整理者の情報を名簿屋が集めて闇金に販売する。そのため、自己破産をすると闇金からダイレクトメールが届くことがある。

・口座凍結
闇金が使用する銀行口座とみなされて凍結(使用できない)されること。闇金に銀行口座やキャッシュカードを貸すことで、銀行から口座が凍結されるケースは多い。通常、警察から銀行に闇金が使用している銀行口座の連絡がいくことにより口座が凍結される。

さ行

・前日確認(前日連絡)
支払い期日の前日に闇金から連絡が来る。あるいは利用者に連絡をさせること。支払いの準備ができたかどうかを確認する行為。利用者に逃げられないように心理的にプレッシャーをかける目的で行われる。また、闇金は利用者に完済されると困るため、わざと電話に出ないケースもある。

・即日融資
申し込みから審査までを迅速におこない当日に融資を完了させるということ。最短30分で融資可能と謳う闇金も多い。「スピード審査」「無審査」と並んで闇金が利用者を集めるためによく使う宣伝手口。

・司法書士
法律書類の作成手続き業務や登記申請の専門家。弁護士に比べて取り扱いができる業務に制限がある。商業登記、不動産登記相続、債務整理などの業務が中心である。闇金との交渉業務は認められているが、専門に取り扱う事務所はさほど多くない。

・ジャンプ
支払期日に全額返済ができない利用者に利息だけを支払わせること。闇金にとって完済させるよりも高額な利息が毎回入ったほうが得なため、期日が近づくとジャンプを提案してくるケースがある。1年以上も長期にわたってジャンプを繰り返している闇金利用者は少なくない。

審査落ち
闇金は審査が甘い業者が多いが、回収(取り立て)に時間をあまりかけたくないソフト闇金などの中には審査を厳しくする業者がある。そのため、ソフト闇金に申し込みをしたものの審査落ちになる利用者がいる。具体的には、無職者、外国籍、給料が現金払い、書類に不備が多い、連帯保証人がいない、在籍確認ができない、態度が悪い、というようなケースで審査落ちになることがある。要するに貸しても返さない可能性が高いと判断したら審査落ちになる。一方で審査が甘い闇金はその分だけ取り立てが厳しい可能性が高い。

整理屋
親切を装って債務者に近づき、借金解決を持ちかけて貸金業者(闇金)を紹介したりして手数料を騙し取る業者のこと。整理屋が闇金と組んでいたり、そもそも闇金が整理屋になりますまして借金解決を持ちかけることもある。

・総量規制(そうりょうきせい)
年収の1/3を超える貸金業者からの借り入れを規制する制度のこと。債務者の情報が信用情報機関に共有されており、年収の1/3を超える借り入れはできない。総量規制はあくまで貸金業者からの借り入れであって、銀行やショッピング枠は含まれない。闇金はこのように一般貸金業者から借り入れができなくなった人たちをターゲットに貸し付けを行う。

た行

・トイチ
10日で1割の金利のこと。(1万円借りて10日で千円の利息がつく)かつて、トイチの金利は闇金の間で多く見られたが、昨今の闇金はさらに高金利で貸し付けを行っている。

・トサン
10日で3割の金利のこと。(1万円借りて10日で3千円利息がつく)ソフト闇金の多くはトサンで貸し付けをおこなっている。

・トゴ
10日で5割の金利のこと。(1万円借りて10日で5千円の利息がつく)通常、闇金は10日周期で貸し付けをおこなうが、トゴは超高金利の部類に入る。

・当日確認(当日連絡)
支払期日の当日に入金が完了したかどうかを連絡させること。あるいは入金前に連絡をすることを義務付ける闇金もある。その場合、完済させないためにあえて利用者からの電話にでないこともある。

・飛ばし携帯
不正に取得した携帯電話、あるいはその携帯電話を使うこと。闇金は携帯キャリアにたびたび使用停止にされるため、常に新規の携帯電話が必要になる。そのため、利用者に携帯電話を新規契約させて郵送するように命じることがある。闇金に携帯電話を使用させるのは違法行為になるため注意が必要である。

は行

・パンク
債務者に返済能力がなくなった状態のこと。闇金から借り入れをしてしまうと、その法外な利息により、ほとんどの利用者はパンクしてしまう。

・ヒサン
1日に3割の金利のこと。(1万円借りて1日で3千円の利息がつく)闇金の中でも悪質で超法外な金利である。このような闇金にお金を借りてしまったら、返済はほぼ不可能になり、まさに悲惨なことになる。

・ひととき融資
お金に困った女性に性交渉に応じることを条件に貸し付けをすること。個人の貸主が個人間融資掲示板やツイッターを使って女性を勧誘するケースが多い。「法定金利を上回る利息での貸し付け」「無登録営業」など貸金業法違反に該当するため、警察に検挙されて書類送検される貸主が多い。

・ブラック
金融機関の信用情報に事故情報として登録されること。返済が延滞する、返済をしない、債務整理をすることによって信用情報機関に一定期間登録される。このような状態を通称「ブラックリスト」「ブラック」と呼ぶ。ブラックが解除されるまで一般金融から借り入れはできなくなるため、闇金はそのような人たちをターゲットにして貸し付けを行う。

・不法原因給付(ふほうげんいんきゅうふ)
不法な原因によって給付されるお金のこと。民法708条によると、「不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。」とされている。つまり、闇金は違法金融なので、貸り入れをしても、それは借金に該当しないため返済は不要ということ。

・弁護士
法律の知識により市民の権利や利益を守る専門家。民事、刑事などさまざまな分野のトラブルを交渉・訴訟などにより解決する。弁護士に依頼して「闇金の取り立てを停止させる」「支払いを無効にする」などの交渉を任せることができる。ただし、闇金問題を積極的に取り扱う弁護士は少ないのが実情である。

ま行

・無審査
無審査とは貸し付けにあたって「ブラック」「総量規制」「職業」「収入」などの審査を行わないこと。闇金は「無審査」を売りに利用者を集めるのが手口。実際には、年収、職業などをチェックして貸し付けを行う。さらには家族、知人などの保証人の情報を事細かく提出させる。無審査とは程遠いのが実態である。

・名簿屋
闇金を利用する可能性がある個人情報を販売する業者。名簿屋は「つぶれた貸金業者」「官報」「おとりの闇金サイト」などから、多重債務者・自己破産者・闇金利用者の情報を集めて闇金に販売して利益を得る。

ら行

・レビュー投稿
レビューとは、サービスを利用した人の評価やコメントのこと。後払い現金化業者の中にはキャッシュバック名目でホームページやSNSに利用者にレビューを投稿させることがある。これはあくまでかたちばかりのもので、違法融資サービスでないことをアピールするためである。警察からの取り締まりを避けるための手口。

わ行

・和解
当事者同士が話し合いをおこない着地点を見つけて問題を解決すること。闇金のケースでは、弁護士や司法書士が闇金と交渉をおこなうが、「相手が強硬な闇金」や「利用者にも問題があった」という場合には、和解を検討することがある。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル