闇金の借金は踏み倒しできる?借り逃げするリスクと対処法について解説

闇金の借金は踏み倒しできる?怖い闇金に返済せずに済ます方法とはのアイキャッチ

監修 田中 陽介
/司法書士法人ジェネシスWEST 代表

大阪司法書士会所属 第4466号、簡裁認定番号 第912164号
司法書士として活動して以来、借金問題や債務整理に積極的に取り組む。悪質な闇金問題の解決実績と経験は専門家の中でもトップクラスを自認。闇金に悩む人の救済をライフワークとして日夜奮闘中。

大阪司法書士会所属 第4466号、簡裁認定番号 第912164号
司法書士として活動して以来、借金問題や債務整理に積極的に取り組む。悪質な闇金問題の解決実績と経験は専門家の中でもトップクラスを自認。闇金に悩む人の救済をライフワークとして日夜奮闘中。

この記事でわかること
  • 違法な闇金には法的に返済する必要はない
  • 踏み倒しや借り逃げは可能
  • 踏み倒し目的の夜逃げはデメリットが多い
  • 弁護士・司法書士に依頼することで合法的に踏み倒しできる

この記事はこのような方におすすめです!

・闇金から借り逃げできるかを考えている方
・闇金の踏み倒しは法的に問題無いのかを知りたい方
・上手に返済可否できる方法を知りたい方

闇金からの毎月の取立てが厳しくなると、「借り逃げできないかなぁ…」「踏み倒したいたいなぁ…」と誰もが考えるものです。

借りたお金を返さないことを”借りパク”とも言いますが、実際に「踏み倒したら、どうなるのでしょうか?…」

結論から言うと、借金を踏み倒すと、当然ながら闇金に追い込みをかけられます。そこで、夜逃げをすれば、不自由な社会生活を強いられることになるでしょう。いずれもおすすめできない方法です。

そこでこの記事では、

・借り逃げをすると闇金はどのような対応をしてくるのか
・闇金の踏み倒しのデメリット
・合法的に返済を回避する方法

以上3点についてご紹介します。

闇金の踏み倒しが法的に問題無い理由と、闇金への支払いを回避する方法を確認しましょう!

闇金からの借金は法律的に返済する必要がない理由

まず、返済に苦しんでいる人に最初に知って欲しいのは「闇金には返済する必要がない!」ということです。

闇金は違法行為により不当な利益を得ている金融業者ですので、法律的に返済する必要が無いというのがその理由です。

【違法金融に返済する必要がない3つの理由】

  1. 金融庁、自治体に登録せずに貸金業をおこなっている
  2. 出資法という貸金業者に決められた金利を超える高利で融資している
  3. 違法な方法で取立てをおこなっている

また、最高裁は「闇金には返済不要なのはもちろんのこと、元金・利息を請求することができる」という判決を下しました。

平成20年6月10日、「ヤミ金融業者が著しく高利で貸し付けた場合、利息分だけでなく、支払った元本・利息の全額を損害として請求することができる」旨の判断が最高裁において下されましたので、概要を公表します。

【参考】:ヤミ金融業者に係る最高裁判決の概要について:金融庁

「踏み倒す」という言葉は、“借りたお金を払わずに済ます”という意味ですが、闇金は違法金融なので、払わずに済ましても問題ないということなのです。

闇金には利息だけではなく元本も返済する必要はありません!

最初から踏み倒すつもりで借りると詐欺罪になることがある

闇金への返済は必要無いからと言って、最初から踏み倒すつもりでお金を借りることは間違ってもやってはいけません。

刑法246条によると「財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者は、10年以下の懲役に処する。」となります。つまり、借りた相手が闇金とはいえ詐欺罪に該当するケースがあるからです。

違法業者の闇金が、実際に詐欺罪で訴訟を起こすことはないでしょうが、怒ったら何をしてくるか分かりません。闇金を甘く見てはいけません。

また、1回も返済せずに警察や弁護士に相談した場合、そもそも返す気がなかったのではと疑われるでしょう。それにより、「警察は事件を捜査しなくなる」「弁護士は交渉が難しくなる」など、不利な状況に立たされる可能性があります。

最初から借り逃げする予定であった「借りパク行為」は詐欺罪に該当する可能性があるので絶対にやめましょう!

借金を借り逃げするリスクとは?

闇金は返済が遅れると、ただでさえ鬼のように激しい取立てをおこないますが、逃げた相手に対してどのような行動に出るのでしょうか?そのリスクについて知っておきましょう。

その手口・方法は当然ながら一段とエスカレートします。

携帯の電話が鳴り止まない

返済が遅れると頻繁に電話をかけてきますが、踏み倒すと、それが今までの比ではなく、朝から夜中まで携帯電話は鳴り止まなくなります。留守電、メールによる催促も同様におこなわれます。

携帯電話を変えない限り、闇金からの電話による取立ては止むことはないでしょう。

家族に連絡・取立てが行く

闇金はお金を貸す際に、必ず家族の個人情報を聞いてきますが、これは、貸した相手が「返済しない」「踏み倒す」ということに対しての保険です。必ず家族・親戚に連絡します。

まずは返済する意志を見せないと「家族に連絡するぞ!」と脅しますが、それでも返済しなければ取立ての矛先は実際に家族に向かいます。結婚している人ならば、配偶者の家族にも催促が行くでしょう。

その際に、闇金は家族の出方を伺いながら取立てをします。それは、警察へ通報されるのが怖いからですが、家族が肩代わり返済に応じるようであれば、いろいろ理由をつけて、さらに利息を上乗せして請求します。そのため、最悪、家族も借金まみれになるリスクがあります。

会社への連絡・嫌がらせがある

親や家族の次に取立てのために連絡するのが会社(職場)です。「本人を電話に出せ」「給料から返済しろ」など、会社に対しても違法な取立てをおこなうようになります。闇金も会社が肩代わり返済するとは当然考えていませんが、脅しの方法としては有効であることを知っています。

「返済するから、もう職場に電話するのはもう止めてくれ…」と本人に言わせるまで、しつこく連絡・嫌がらせをします。


・闇金の借金を踏み倒すと、利用者に対する取り立てが激化する
・家族への取り立てや職場への連絡、嫌がらせが行われる

夜逃げをすれば借金は踏み倒せる?

「じゃぁ、夜逃げをすれば闇金からの取立てを回避できるのでは?」と考える方もいるでしょう。確かに、一時的に消息不明になれば、さすがの闇金も追跡は難しくなりますので、借金は踏み倒せる可能性はあります。

しかし、借金額が多い場合は、そう簡単には諦めないでしょう。回収するためには、家族や知人を脅すなど、違法な手段を使ってでも追跡してくる可能性があります。

そもそも、借金を踏み倒すことが目的で夜逃げをするのは合理的な方法ではありません。夜逃げには費用がかかりますし、住民票を移さずに行方をくらませば、社会生活で制限を受けるなどのデメリットが生じます。

【踏み倒して夜逃げするデメリット】

  • 引越し費用が発生する(夜逃げ屋を使う場合はその費用も)
  • 新たな賃貸住居の契約費用が発生する
  • 社会生活は不便になる
  • 借金問題は未解決のまま

また、住所を移転したら住民票を移すのは国民の義務ですが、移さないままでいると、「公共サービスが利用できない」「免許の更新ができない」「転職が難しくなる」などの不利益が生じます。

夜逃げをした後も闇金の影がちらついて、びくびくと不安な生活を送らなくてはなりません。本質的な解決にはなりませんので、夜逃げはおすすめできない方法です。

闇金問題で被害者が臆する必用はありません!

闇金から逃げずに、正々堂々と闘いましょう!

債権が売られる!もっと怖い闇金からの取立てがくる?

最近の闇金は090金融ソフト闇金がほとんどです。そのため、「借りた人間が返済をしない」「踏み倒した」場合でも、電話による取立てしかおこないません。

よほど借金額が大きければ話しは別ですが、小口融資の取立てのために、わざわざ本人の家に押しかけるのは効率が悪いからです。また、闇金は顔バレを嫌います。取立てに行って、そこに警察が待っているという事態を回避するために、できるだけ現場には行きません。

そのため、本人や家族への電話催促をしても回収が不可能だと考えたら、その債権は別な闇金に譲渡するというケースがあります。俗に言う「取立て屋」に債権を売るわけですが、そのような違法取立業者は、さらに厳しい取立てをおこないます。

漫画の「闇金ウシジマくん」でもよく紹介されるストーリーですが、返済しないと「監禁されて同意書を書かされる」そして、「男は工場や漁船に送り込まれる」「女は風俗に売られる」という怖いケースが実際にあります。

冒頭で説明したように、闇金から借りたお金は返済する必要が無いのです。このような違法行為を強要されたら、迷わず警察に行きましょう。

闇金業者は犯罪組織です!

見の安全を確保するためにも警察への相談は必ず行いましょう!

合法的な踏み倒し・借り逃げは専門家に依頼すること

踏み倒しという言葉はよくありませんが、怖い闇金に返済せずに済ます方法はあります。

一つは警察に取り調べをおこなってもらうことです。警察が動けば、さすがに闇金も激しい取立てをすることはできませんので一時的に沈静化するでしょう。しかし、逮捕されなければ、また取立ては再開する可能性はあります。

そこで、もっとも確実な解決方法は、弁護士・司法書士など闇金問題の専門家に依頼をすることです。弁護士ならば、闇金にすぐに電話をして「違法融資」「違法取立て」の証拠をもとに立件を示唆します。

それにより、闇金にとっては「携帯解約」「口座凍結」「逮捕」という3つの商売上のリスクが生じるため、取立てを諦めざるを得なくなります。

【闇金はなぜ、弁護士・司法書士の介入を嫌がるのか】

  • 携帯電話を使用できなくなる
  • 銀行口座を使えなくなる
  • 返済訴訟を起こされる

困ったときは弁護士・司法書士に相談してみましょう

まとめ

借りたお金は返すのが基本ですが、闇金には返済する必要はありません。だからといって、安易に「踏み倒し」「借りパク」をおこなうと闇金の取立ては一層激しくなる可能性があります。

闇金からは借りないに越したことはありませんが、もしも、手を出してしまって、返済で悩んでいるならば、できるだけ早期に弁護士・司法書士に解決を依頼するのがよいでしょう。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル