クレジットカード現金化の実態は闇金!お金に困っても利用してはいけない理由とは

クレジットカード現金化
この記事でわかること
  • クレジットカード現金化とはどのようなサービスなのか
  • クレジットカード現金化の実態は闇金融?
  • クレジットカード現金化を利用してはいけない理由
  • トラブルに巻き込まれた場合の相談先

インターネットや街頭広告などで、「クレジットカードをお金に変える!」「即日現金化!」などをうたった広告を目にすることがあります。それらの広告の多くは「クレジットカード現金化サービス」を行う業者のものです。

クレジットカード現金化業者は営業を規制する法律が整備されていないことを理由に、「クリーンで安全な取引」であると主張しています。しかし、実態はグレーゾーンな金融商法であり、警察による摘発も行われています。

さらに、闇金との繋がりも深くトラブルに巻き込まれる可能性が高いサービスです。そのため、利用を検討中の方は今いちど利用を見直してください。

この記事では、クレジットカード現金化を使用してはいけない理由を詳しく解説します。

クレジットカード現金化とは

「クレジットカード現金化」とは、現金が欲しい利用者がクレジットカードのショッピング枠を使って商品を購入し、その商品をクレジットカード現金化業者に売却することで現金を入手するという換金行為のことです。

クレジットカード現金化は主に、銀行や消費者金融からお金を借り入れられない多重債務者や、クレジットカードキャッシング枠の限度がいっぱいでキャッシングができない人が利用します。

なお、クレジットカード会社はこれらの現金化行為を認めていません。会員規則において、クレジットカードの現金化を禁止する旨を規定していることが一般的です。もし規約に違反した場合には、カードの利用停止・強制退会・残債の一括請求を求められます。

日本クレジット協会や国民生活センターにおいても、クレジットカードの現金化はくれぐれも行わないよう警告が促されています。そのためクレジットカードの現金化サービスは絶対に利用しないでください。

【参考】

クレジットカードのショッピング枠の「現金化」の誘いにご注意ください』(日本クレジット協会)

『「クレジットカード現金化」をめぐるトラブルに注意!』(国民生活センター)

クレジットカード現金化の手口

おもな手口としては、クレジットカードのショッピング枠で指定した商品を購入させ、それを業者が買い取ることで消費者に現金が入るという買取屋方式と呼ばれる手段があります。

その他にも、キャッシュバック付の商品をカード決済で購入させ、購入した商品とあわせて現金を渡すという「キャッシュバック方式」による手口も報告されています。

一般的なクレジットカード現金化の流れ

1.業者から指定された商品をカード決済で購入する

2.商品を業者に持ち込み売却する

3.現金が振り込まれる

クレジットカード現金化は闇金?

クレジットカード現金化の実態は闇金融です。カード現金化業者は、換金手数料や入金手続手数料などと称し高額な手数料を利用者から徴収しています。これを年利に直すと実質数百%にものぼり、違法な闇金業者が一般的に用いる利率と同等の金利になります。

さらに2011年には警察による摘発も行われています。ほとんど無価値の商品を購入させることで、商品を現金化するショッピング枠の現金化行為が、実質的に高金利で融資する金融取引にあたるとの見解によるものです。

以上のことから、クレジットカード現金化業者の実態は闇金といえることができます。ただし、クレジットカード現金化そのものを規制する法整備が追いついていないのが現状です。これを理由に、業者は「グレーゾーンだけど問題ない取引」「法律違反ではありません!」などの巧妙なセールストークを用いて利用者を集めるのです。

繰り返しになりますが、クレジットカード現金化業者は闇金融です。絶対に利用しないでください。

クレジットカード現金化を利用してはいけない理由

先述した理由の他にも、クレジットカード現金化を利用してはいけない理由があります。その理由を以下で詳しく解説します。

カード会社の規約に接触するため

そもそも、クレジットカード現金化はカード会社の規約に接触します。最初にもお話しましたが、クレジットカード会社は現金化行為を認めていません。もし規約を破った場合には、カードの利用停止や強制退会、残債の一括請求などの処分を受けます。

このような行為は、カード会社に「バレなきゃ大丈夫」という問題ではありません。社会的な信用度を著しく低下させるにとどまらず、場合によっては詐欺罪などに接触する可能性もあります。

クレジットカード現金化業者を紹介するサイトでは、「利用者が罰則を受けることは無いから大丈夫」「カード会社にバレることはない」などという無責任な説明をしている場合がありますが、絶対に信用してはいけません。

【参照】『こんな手口、トラブルにご注意ください!』(JCB)

詐欺や犯罪に遭う可能性がある

「クレジットカード現金業者を利用して現金化しようとしたら、結局お金が振り込まれなかった」「利用後から見知らぬ勧誘の電話が多くかかってくるようになった」などの事例も多く報告されています。

クレジットカード現金化業者は極めてグレーゾーンな営業を行っていることはすでに解説しました。このような業者は社会的責任などを全く無視した営業を行いますから、詐欺や犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります。

そもそも、大小の規模に関わらずまともな金融業者であれば貸金業の登録を行い、出資法を遵守した正規の貸金業を行います。そのようなルールに従わず、グレーゾーンの業態で営業を行う金融業者が信用に値しないことは言うまでもありません。

闇金業者と関係をもつことになるため

クレジットカード現金化業者を利用すると、闇金業者と関係をもつことになります。闇金業者は裏でつながっています。したがって、闇金業者に電話番号や住所などの個人情報が流出すると、「この人はお金が無くて困っている人だ」と相手に知らせることになります。

クレジットカード現金化は闇金からお金を借りるわけではないため、執拗な取り立てなどは行われませんが、利用後に闇金から電話がかかってきたり、ダイレクトメールが家に届くなどの行為が行われます。

そのようなリスクを避けるためにも、クレジットカード現金化業者の利用は控えるようにしてください。

借りたお金が自己破産の対象外になる

クレジットカードの現金化を行おうとしている方は、多重債務などの自転車操業に陥っている方が少なくありません。そのような方々を救うための手段として、自己破産があります。

しかし、クレジットカード現金化で作った借金の場合「免責不許可事由」にあたる可能性があり、結果として作った借金が自己破産の対象外になる可能性があります。

自己破産に関する法律である破産法には、「免責不許可事由」というものがあります。例えば、ギャンブルや浪費が原因の借金の場合免責(借金の返済が免除になること)不許可事由にあたります。

そしてクレジットカード現金化で作った借金は、免責不許可事由に該当します。その結果、自己破産を認められなくなったり、認められたとしても余計な手続きや費用がかかることになります。

このような理由から、クレジットカード現金化で借金を作ることは控えるべきです。

【参照】『自己破産とは?メリット・デメリットから破産後の影響までわかりやすく解説』(債務整理SOS)

クレジットカード現金化のトラブルで困った場合の対処法

「クレジットカード現金化のトラブルに巻き込まれている…」

「ショッピング枠の限度すら使い切ってしまい、自転車操業状態で次がない…」などのケースでお悩みの方は、弁護士や司法書士などの専門家に相談することで問題を解決することが可能です。

とくに、クレジットカード現金化で借り入れたお金を、他の借金の返済に充てているような「自転車操業状態」になっている場合は、債務整理を検討してください。

債務整理を行うことで、これまで溜め込んだ借金を整理し、生活を立て直す事が可能です。今回のようなケースは裏に闇金融がついている場合が多いですから、債務整理と闇金問題の両方に詳しい弁護士や司法書士に依頼することをおすすめします。

以下は専門家に解決を依頼するメリットですので参考にしてください。

 

問題解決を専門家に依頼するメリット

・闇金融絡みのトラブルを解決できる

・債務整理で借金の整理をすることができる

・借金苦から開放される

・生活を立て直せる

【参照】債務整理とは?種類別に特徴からメリット・デメリットまで総まとめ

まとめ

クレジットカード現金化はグレーゾーンの金融取引であり、業者は闇金融です。また、クレジットカード現金化はさまざまなリスクがあるため利用してはいけません。

もし、お金に困っていてクレジットカード現金化の利用を検討しているならば絶対にやめてください。もし、すでにトラブルに巻き込まれている場合には早めに弁護士や司法書士などの専門家に解決を依頼しましょう。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル