Twitterの個人間融資は危険?利用しないほうが良い理由と金銭問題の解決法

この記事でわかること
  • Twitterの「#個人間融資」でお金を借りるのは危険
  • 金融機関からの借金と比較してリスクが大きすぎる
  • お金の問題は「債務整理」や「行政の支援」で解決しよう

Twitterで「#個人間融資」というハッシュタグを見かけたことはあるでしょうか?

個人間融資とは、個人間でお金を貸し借りする行為のことを指し、審査に通らない金融ブラックや生活苦の方が利用する傾向にあります。

しかし、その実態は限りなくブラックであり、金融庁や国民生活センターといった国の機関も、個人間融資の利用を控えるよう警告をしています。

この記事では、Twitterの個人間融資でお金を借りないほうが良い理由を解説し、その上で個人間融資を使わずに金銭問題を解決する方法をご紹介します。

Twitterの「#個人間融資」について一緒に確認しましょう!

Twitter等のSNSで見かける「個人間融資」とは?

今月もお金が足りないなぁ…

そういえば友達がTwitterでお金を借りたって言ってたっけ!

ちょっと調べてみよう

「お金貸してください」っと…

おお!いっぱい連絡が来た!

これなら選び放題かも!さっそくDMを送って…

ちょっと待ってください!その借金、本当に大丈夫ですか?

Twitter経由の借金は「#個人間融資」というれっきとした貸金行為です!

なにも知らずに利用すると危険ですよ!

個人間融資?

それってなんですか?

「個人間融資」とは、銀行や消費者金融を通さずに、個人間でお金の貸し借りを行う行為です。

顔も名前もわからない人と個人間でお金の貸し借りを行うわけですから、トラブルや事件に巻き込まれる可能性が高くなります!

最近は「金融庁」や「国民生活センター」といった行政機関も、個人間融資の利用は控えるよう勧告しています。

行政機関も利用を警告しているんですね…

そんなリスキーな取引だとは思いませんでした…

・個人間融資とは個人間でお金を貸し借りする行為
・見ず知らずの相手にお金を借りることになるため、トラブルに巻き込まれやすくなる
・行政機関も個人間融資の利用は控えるよう警告している!

Twitterの「#個人間融資」を利用しないほうが良い理由

うーん…
でも、僕が借りようとしているのって、せいぜい2〜3万円程度ですよ?

利息付きでも返せそうですし…一回だけなら良いですよね…?

まだ個人間融資の危険性を理解していないようですね…
Twitterの個人間融資を利用しないほうが良い理由を説明します!

そもそも「違法」な貸金行為の可能性が高い

そもそも、Twitterの個人間融資は違法である可能性が極めて高い貸金行為です。

個人であっても、反復継続する意思をもって金銭の貸付けを行うことは、貸金業法上の「貸金業」に該当します。そして、貸金業を営む場合は、国又は都道府県の登録を受ける必要があります。

 

たしかに、Twitterの個人間融資で貸金業登録をしている人は少なそうですね…

以下の記事で「貸金業者の見分け方」について詳しく解説しています。

金融機関の貸付と比較して金利が高額

個人間融資は金融機関からの融資と比較すると、金利が高額な傾向にあるため、利用者が損をしてしまいます。

仮に「適法」の個人間融資であったとしても、その上限金利は年109.5%と非常に高額です。

正規の貸金業者に適用される上限金利は年20%ですから、いかに高額な金利であるかがわかります。

そんなに高いんですね…

あ、でも僕が見た募集には「金融機関と同金利」と書いてありましたよ?

確かに、表面的にはそのように書いてあるかもしれません。

しかし、実際に利用すると「審査手数料」や「振り込み手数料」など、さまざまな理由をつけて利用者からお金を取る仕組みになっています。

1万円を借りたら手数料を引いた「5000円」しか振り込まれず、しかもその何倍もの返済を要求されるケースもあるようです。

確かに「手数料」と書いてありました…

借りなくてよかったかも…

取引相手がヤミ金業者の場合がある

Twitterの個人間融資を募集しているアカウントの中にはプロの「闇金業者」が潜んでいる可能性があります。

ヤミ金!?

そんなことってあるんですか?

可能性は極めて高いです。

規制強化や警察の取り締まりが功を奏して、最近はヤミ金業を大々的に営むことが難しくなっています。

そのため、TwitterなどのSNSで一般人を装い、闇金業を営む反社会勢力が増加しています。

闇金からお金を借りてしまうと、個人情報の流出や犯罪に巻き込まれるリスクが高くなります!

そのようなリスクを減らすためにも、Twitterの個人間融資の利用は控えたほうが懸命です。

知らなかった…

個人間融資を使わずに金銭問題を解決する方法

個人間融資の危険性については理解できました!

Twitterの個人間融資でお金を借りるのは辞めようと思います…

でも、実際問題お金が必要なんです。
生活費が賄えなくて、家賃も先月から滞納中で… 僕はどうしたら良いのでしょうか?

例えば、借金の返済を理由に個人間融資でお金を借りようとしていたのであれば、「債務整理」を検討すると良いでしょう。

債務整理?どこかで聞いたことがあります。

債務整理とは、個人再生や自己破産といった法的手続きによって借金を整理する方法です。
毎年多くの方が債務整理で生活を建て直しています。

以下の記事で「債務整理」について詳しく解説しています。

なるほど! でも僕のように「生活費」や「住宅費」など、すぐにでもお金が必要な場合にはどうすれば良いのでしょうか?

そのような場合には「生活保護」や「生活福祉資金貸付制度」といった行政の生活支援を検討してみましょう。

行政の支援制度は思いつきませんでした! でも、手続きが難しそうですね。

弁護士や司法書士などの専門家に手続きの支援を依頼することも可能です。
先ほど説明した債務整理も、専門家に依頼するとスムーズに手続きが行なえますよ。

【ポイント】
・多重債務に陥っている場合は債務整理を検討する
・生活費や住宅費が必要な場合は行政の支援制度が使える
・手続きが不安な場合には弁護士や司法書士に依頼するとスムーズ

まとめ

Twitterの個人間融資の疑問は解決できそうですか?

はい!Twitterの個人間融資の利用は控えて、他の方法を考えてみます!


Twitterの個人間融資は、必ずしもブラックと断言できないことから、安易な気持ちで利用してしまう方が非常に多い借金です。しかし、その実態は闇金に近いため、極めてリスクの高い借金です。

紹介したように、金銭問題を解決する方法は「債務整理」や「行政支援」など、さまざまな手段が存在しますから、危険な個人間融資の利用は控えましょう。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル