闇金被害者の質問【Q&A】

よくある質問

闇金被害者の方からのよくある質問をまとめました。その質問に対して適切な解決方法を回答しました。「闇金トラブルを今すぐ解決したい」という方は参考になさってください。 すぐに闇金との関係を断ち切って元の生活を取り戻しましょう。

闇金トラブル・被害についての質問

闇金の支払期日が迫っています。お金がありません。どうすればいいでしょうか?

まず、お金を支払う必要はありません。闇金は「不法原因給付」という法律に違反した貸付けをおこなっている違法業者です。借りたお金は融資には該当しませんので、「返済」というかたちでお金を返す必要はないのです。

闇金から毎日頻繁に電話がかかってきます。電話は出なくてもいいのでしょうか?

取立てや嫌がらせの電話には出る必要はありません。早朝・夜間のしつこい電話は「取立て規制法違反」という法律違反です。できるだけ早く専門家に相談して早めに取立てを止めることをお勧めします。

個人間融資でお金を借りた相手の催促が厳しくて困っています。どのように対処すればいいでしょうか?

年利が20%を超える融資なら、個人を装う闇金の可能性が高いでしょう。個人間融資にはたくさんの闇金業者が潜んでいるのは有名です。取立ては家族や会社におよぶことも考えられますので、専門家に相談してすぐに解決を図ることをお勧めします。

闇金、ファクタリング、ツケ払いなど5社ほど借り入れがあります。支払いができずに行き詰まっています。どうすればいいですか?

複数の違法金融に手を出してしまったら、いずれ支払いを続けるのは困難になります。そもそもで言うと、支払い続ける必要はありません。このままでは、5件があっという間に10件になります。すべての違法金融との関係を早く断ち切るようにしましょう。

お金をようやく工面して、利息含めて完済すると伝えたのに闇金が受け取りを拒否します。どうすればいいでしょうか?

闇金は一度利用した“お客”を逃しません。法外な利息を支払う利用者から長くお金をむしり取るために、このように完済させずに受け取りを拒否するわけです。すぐに取り引きは止めるべきです。

闇金に携帯電話を契約して差し出せと言われています。

闇金は使っている携帯電話を電話会社に使用停止にされることが多いのです。そのため、つねに新しい携帯電話を探しており、このような要求をしてきます。携帯電話を他人に差し出すのは違法ですので決して渡してはいけません。

銀行口座をつくってキャッシュカードと一緒に差し出せと言われています。

闇金が使用している銀行口座は通報により口座凍結されることが多いです。そのため、利用者に対して、新しい口座を作って差し出せと無理な要求をしてきます。自分の銀行口座を他人に使わせるのは違法です。詐欺に加担することになりますので渡してはいけません。

「裸の画像・動画を送れ!」と脅されています。どうすればいいでしょうか?

裸の画像を送ってしまったら、次は「支払わないと、ネットにばらまくぞ!」とさらに脅されることになります。闇金にとって格好の脅しのネタになるため、決して送ってはいけません。

親に電話するぞと脅されていますが、どうすればいいでしょうか?

単なる脅しだけでは済まず、実際に家族に取立てをおこなうことがあります。もしも実際に取立てがあっても、親御さんには無視するように伝えてください。親や家族を巻き込む前に専門家に相談して速やかに闇金問題を解決しましょう。

職場に頻繁に電話がかかってきて困っていますが、どうすればいいでしょうか?

闇金からの電話が職場に頻繁にかかってくることで、会社にいづらくなる方は少なくありません。それによって退職を余儀なくされるケースもよくあります。弁護士・司法書士に相談して会社への電話を早く止めることが求められます。

闇金に支払ったお金は取り戻せますか?

本来、闇金に支払ったお金は返還させることができると法的には認められています。しかし、相手は闇金ですので、交渉だけで返還させるのは簡単ではありません。そのため、訴訟などの法的手続きが必要になることがあります。弁護士・司法書士に相談してみましょう。

闇金には借りても返さなくていいと聞きました。借り逃げしてもいいのでしょうか?

違法金融から借りたお金は借金に該当しないため、返さなくてもいいのは事実です。ただし、借り逃げすることを前提にお金を借りる行為は詐欺罪にあたります。また、借り逃げすると闇金は提出させた個人情報をもとに執拗に追いかけてきますので、そのような行為はおすすめできません。

闇金の専門家(弁護士・司法書士)への質問

弁護士・司法書士は何をやってくれますか?

弁護士・司法書士は依頼を受けたら、「受任通知」という依頼者の代理人になったことを闇金に伝えます。そして、すぐに取立てをストップします。そして「返済を要求しない」「本人や家族・職場に連絡しない」などの交渉をおこないます。被害のケースに応じた闇金問題の解決をサポートしてくれます。

専門家に依頼したことで、闇金が怒って報復するようなことはありませんか?

弁護士・司法書士は、依頼者に連絡をしたら「法的な措置に踏み切る」「警察と連携する」という前提で交渉をします。闇金は検挙・摘発を恐れて、ほとんどのケースで連絡をしてこなくなります。しかし、ごく一部しつこい業者はありますが、少し時間はかかるものの交渉により連絡はストップします。

相談料は有料ですか。?

闇金問題を取り扱う弁護士・司法書士は電話・来所での相談は無料です。まずはご自身の借り入れ状況を電話で説明して闇金への適切な対処法についてアドバイスを受けると良いでしょう。

依頼する場合の費用はどれぐらいですか?

一般的に着手金は1件あたり50,000円ぐらいが費用相場となっています。これは闇金1件の解決交渉費用です。お金はかかるものの、依頼することにより闇金との関係を断ち切ることができますのでメリットは大きいと言えます。

後払い・分割払いは可能ですか?

当サイトで紹介する弁護士・司法書士のほとんどは費用の後払い・分割払い対応可能です。手持ちのお金がなくても安心して依頼することができます。

すぐに費用のお支払いができなくても依頼できますか?

闇金に強い専門家は支払い方法について柔軟な対応をしてくれます。例えば、支払いは「次の給料日から」というように、相談することができます。

地方に住んでいますが依頼はできるのでしょうか?

闇金に強い弁護士・司法書士は全国対応しています。どこに住んでいても電話・メールで相談から依頼までできますので問題ありません。

個人間融資、給与ファクタリング、後払い現金化にも借り入れがありますが依頼はできますか?

これらの業者の多くは闇金です。貸金業登録をしていない違法金融ですので、闇金への対処と同じく取立てはストップできます。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談闇金に強い
弁護士・司法書士を探す
タイトルとURLをコピーしました