任意整理を開始して借金を完済するまでにかかる期間を解説

任意整理を開始して借金を完済するまでにかかる期間を解説
この記事でわかること
  • 任意整理の手続きにかかる期間は平均3ヶ月
  • 和解から借金完済までにかかる期間は早くて3年
  • 任意整理を開始して借金問題から開放されるまでの流れ

任意整理は、返済が困難に陥った借金の返済を軽減することができる債務整理です。ただし、任意整理は申込後すぐに手続きが完了するわけではなく、開始から借金の完済まで早くて3年はかかります。

任意整理をした債務者は、その間に任意整理後の生活設計をすることになりますから、任意整理にどの程度の期間を要するかをあらかじめ把握しておくことが重要です。

この記事では

任意整理開始から債権者との和解までにかかる期間
和解から完済までにかかる期間
ブラックリストの登録から外れるまでの期間

以上3点を順番に解説します。任意整理にかかる期間を詳しく知りたい方の参考になれば幸いです。

任意整理を開始して借金を完済するまでにかかる期間は早くて3年

結論から申し上げると、任意整理を開始して借金を完済するまでにはおおよそ3年〜5年かかります。5年と聞くと大変長く感じるかもしれませんが、任意整理は和解手続きの完了した後、将来利息をカットしてコツコツと返済していく債務整理ですから、ある程度の期間は覚悟しなければなりません。

ただし、任意整理の手続き自体はそれほど期間を要することなく行うことができます。

任意整理にかかる期間は3つに分けることでより理解しやすくなりますので、この記事では以下のような流れに分けて解説します。

任意整理にかかる3つの期間
  1. 任意整理開始から和解までの期間は平均3ヶ月
  2. 和解から借金完済までの返済期間は3年〜5年
  3. ブラックリストから外されるまでの期間は完済から5年

任意整理を開始してから債権者と和解するまでの期間は平均3ヶ月

任意整理を開始してから債権者と和解に至るまでの期間は、平均して3ヶ月かかることが一般的です。自己破産や個人再生といった債務整理は最低でも8ヶ月以上かかることが多いため、任意整理は若いまでの期間が他の債務整理と比べて短いというメリットがあります。

まずは、任意整理開始から債権者と和解するまでの流れを確認しましょう。

専門家への相談・依頼を行う

弁護士や司法書士などの専門家に任意整理を依頼するときには、依頼前に面接相談を受けることになります。

依頼前の相談では、依頼人の本人確認や任意整理を行う際の重要事項の説明、依頼人からの希望などを確認をします。

面接相談を行い、その専門家に依頼することが決まれば、委任契約の締結を行います。債務整理に詳しい専門家であればこのような業務は慣れているため、相談から委任契約の締結までにかかる日数は、1日〜3日を見込んでおけば良いでしょう。

受任通知が送付され返済の督促が止まる

任意整理の依頼を受けた弁護士や司法書士は、最初に債権者へ「受任通知」の送付を行います。

「受任通知」とは、債務者から債務整理の依頼を受けたことを債権者へ知らせる文書のことです。金融機関は、弁護士および司法書士からの受任通知を受け取った場合、債務者本人またはその家族等への連絡を含む取立行為の一切を禁止されます(※貸金業法21条1項9号)。

さらに、これまで債権者と債務者間で行われた取引履歴の開示を請求し、債務整理が終了するまでの期間中に債務者による返済を停止することも通知します。

受任通知の送付は、早ければ早いほど債務者(依頼人)にとってのメリットになりますから、通常であれば依頼を受けた日から遅くても1週間以内には通知を送付します。

※貸金業法21条1項9号

”債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法人若しくは司法書士若しくは司法書士法人(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し、又はその処理のため必要な裁判所における民事事件に関する手続をとり、弁護士等又は裁判所から書面によりその旨の通知があつた場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により、当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること。”

【参照】e-Gov貸金業法のページ

債権の調査と返済計画の作成を行う

受任通知の送付後、債権者から取引履歴が送付されてきます。弁護士・司法書士は取引履歴に基づき、債務者が抱えている負債額の調査を行い、依頼人の経済状況と照らし合わせた上で、今後の返済計画を作成します。

この際、過払い金が存在する場合には、計算を行った上で主張可能な過払い金額を確定させます。

債権者と和解交渉を行う

返済計画が終了した後、弁護士・司法書士が債権者と和解交渉を始めます。

和解交渉においては通常、

・今後の利息の免除
・受任通知送付から和解締結までの損害遅延金の免除
・分割払いの期間

などをメインに話し合います。

和解契約が締結される

交渉がまとまり、債務者と債権者の間に和解が無事成立すると、和解契約書に署名捺印の上、晴れて和解締結となります。

先述したように、任意整理の依頼からここまでにかかる期間は平均3ヶ月がおおよその目安になります。ただし、債権者が複数に分かれている場合や、中・小規模の金融会社を相手とした和解交渉の場合、交渉が長引く可能性もあることを覚えておいてください。

和解成立から借金を完済するまでの期間は早くて3年

債権者との和解が成立すると、債務者は合意に基づき借金を毎月分割で返済していくことになります。支払いの期間については、債権者と話し合いの上で決まります。

任意整理の場合、借金の返済にあてられる期間は3年が目安とされていますが、債務者の経済状況や生活状況などを考慮し、5年もしくは7年まで引き伸ばすことも可能です。

ただし、基本的に金融会社としては借金を早く返済してほしいわけですから、支払いの期間が伸びることを嫌がる場合もあります。どのくらいの返済期間になるかは、依頼した弁護士や司法書士のスキルに依るところが大きいため、債務整理に交渉が得意な専門家に依頼することが重要と言えます。

ブラックリストの登録から外れるまでの期間は最低5年

任意整理の手続きは平均3ヶ月、返済は3〜5年かかることは解説しました。しかし、本当の意味で借金問題から開放されるのは、任意整理を開始してから5年後と見込んだほうが良いでしょう。その原因は、「ブラックリスト」にあります。

「ブラックリスト」とは、あなたが債務整理を行ったことを、信用情報機関が信用情報リストに登録することを言います。消費者金融やクレジットカード会社は、信用情報機関が管理している情報をもとに入会審査を行いますから、新たにクレジットカードの発行や、ローンを組むことが極めて難しくなるのです。

ブラックリストの登録から外されるためには、借金を完済してから5年〜10年待つ必要があります。

ただし、任意整理後の生活においてクレジットカードの使用やローンが組めないなどの制限がかかるということは、それだけ借金を作るリスクと減らすことになりますから、そこまで悲観的になる必要はありません。

ブラックリスト掲載中に制限されることは以下のようなものがあります。

ブラックリスト登録中に制限されること
  • クレジットカードの使用および発行ができない
  • 住宅ローン・車のローンが組めない
  • 携帯電話や家電などの高額な買い物の分割購入ができない
  • 子供の奨学金の保証人になれない

まとめ

任意整理を行い返済が困難な借金を法的に整理することは、債務者にとって新たな人生を歩みだすきっかけになります。

ただし、この記事でも解説したように、任意整理は手続き開始から借金の完済、さらにはブラックリストの掲載から外れ借金問題から完全に開放されるまで、かなりの期間を要する重要な手続きです。したがって、任意整理に間違いが生じないよう、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめします。

専門家に相談することで、

任意整理に関わる手続きを代行してもらえる
債務者に有利な和解交渉をしてもらえる
任意整理後の生活に関するアドバイス

などのサポートを受けることができます。専門家の助けを受け、任意整理をより良いものにしてください。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました