任意整理で信用情報はどうなる?生活への影響や信用情報が回復するまでの期間を解説

この記事でわかること
  • 任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録される
  • 事故情報が登録されると新たな借り入れ等ができなくなる
  • 任意整理の完済後も5年間は事故情報が残る
  • 事故情報が削除されたかどうかは信用情報の開示を請求すればわかる

この記事はこのような方にオススメです!
・任意整理が信用情報に与える影響を知りたい方
・「信用情報」の基礎知識を知りたい方
・信用情報が回復するまでの流れを確認したい方

「任意整理をして信用情報に傷が付くと、生活にどのような影響があるのかな…」

「任意整理で傷が付いた信用情報は何年経てば綺麗になるのだろうか」

任意整理をすると、信用情報に傷が付いてしまいます。その後は新たな借り入れやクレジットカードの利用ができなくなるなど、生活への様々な影響が出ます。

ただし、事故情報は一定の期間が経過すると消去されます。その後は再び借り入れやクレジットカードの利用ができるようになりますが、それまでは不便な状態が続きます。

そこで今回は、任意整理で信用情報がどうなるのかをお伝えするとともに、生活への影響や信用情報が回復するまでの期間について解説していきます。

信用情報の基本的な知識から、任意整理が信用情報に及ぼす影響と期間を一緒に確認しましょう!

そもそも信用情報とは

任意整理をすると信用情報に傷が付くと聞いたのですが、そもそも信用情報というのは、どのようなものですか?

信用情報とは、個人がそれまでに利用した借り入れやクレジットカードなどの契約内容や返済状況など、金融機関とのお金のやりとりに関する情報のことです。

金融機関は審査のときに申込者の信用情報を確認して、返済能力が低いと思われる人にはお金を貸さないようにしているのです。

返済能力が低いかどうかは、どのように判断されるのですか?

事故情報が登録されていると、ほぼ確実に返済能力が低いと判断されます。

契約どおりに返済されないことを金融機関では「事故」と呼んでいて、滞納をおおむね61日以上続けた場合や、債務整理をした場合などに「事故情報」として信用情報機関に登録されます。

ということは、任意整理をした場合も信用情報機関に事故情報が登録されるということですか?

そのとおりです。

任意整理も債務整理の一種なので、手続きを始めた時点で事故情報が登録されます。

弁護士や司法書士に任意整理を依頼した場合は、受任通知が金融機関に届いた時点で事故扱いとなり、信用情報機関に事故情報が登録されるのが一般的です。

【信用情報機関の種類】

信用情報機関の名称主な加盟業者
株式会社シー・アイ・シー(CIC消費者金融、クレジットカード会社
日本信用情報機構(JICCクレジットカード会社、信販会社
全国銀行個人信用情報センター(KSC銀行、銀行系のクレジットカード会社

・信用情報は借金等の審査の際に用いられる重要な情報

・任意整理をすると信用情報機関に事故情報が登録される

信用情報機関に登録されることによるデメリット

では、信用情報機関に事故情報が登録されると、生活にどのような影響があるのですか?

主な影響としては、新たな借り入れやショッピングローン、クレジットカードの作成ができなくなることですね。

すでに持っているクレジットカードは当面の間は使えますが、いずれ使えなくなります。

なぜかというと、クレジットカードは定期的に利用者の信用情報を確認していて、事故情報を見つけたら強制的に解約するからです。

他にも何か、生活への影響があるのですか?

いくつかあります。

たとえば、車のローンや住宅ローンも組めなくなります。

高校生や大学生のお子さんがいらっしゃる場合、奨学金の保証人にもなれなくなります。

金融機関の審査が必要なことはすべて、できなくなると考えてください。

お金を借りたり、他人の借金の保証人になったりしなければいいということですね。

基本的にはそうですが、他にも注意が必要なことがあります。

携帯電話やスマートフォンの端末を分割払いで購入することもできなくなります。

えっ、それは困りますね…。

携帯電話会社も端末の分割払いを滞納されては困るので、申込者の信用情報を確認しているのです。

ただ、利用料については月々発生するものなので、信用情報は関係ありません。

なので、携帯電話やスマホを利用することはできます。

新規契約や機種変更で端末を購入する場合は、一括で支払える機種を選ぶか、ご家族の名義で分割購入する必要があります。


・事故情報が登録されると借り入れやクレジットカードの利用ができなくなる

・住宅ローンや子どもの奨学金の保証人にもなれなくなる

・携帯電話やスマホ端末の分割払いもできなくなる

任意整理後に事故情報が残る期間

任意整理をして事故情報が信用情報機関に一度登録されると、生活への影響は一生続くのですか?

そんなことはありません。

事故情報は一定の期間が経過すると消去されるので、その後は基本的に生活への影響はなくなります。

任意整理の場合は5年で事故情報が消去されます。

なお、自己破産と個人再生の場合は10年経つまで事故情報は消去されません。

【信用情報期間ごとの事故情報の保有期間】

信用情報機関事故情報の保有期間
株式会社シー・アイ・シー(CIC契約終了後5年以内
日本信用情報機構(JICC契約終了後5年以内
全国銀行個人信用情報センター(KSC完済日から5年を超えない期間

 

消費者金融からの借金を任意整理した場合は、手続きを始めてから5年で事故情報が消去されると考えていいのですか?

いいえ。

任意整理後に完済してから5年経つまでは事故情報は消去されないと考えるべきです。

消費者金融業者が加盟しているCICの事故情報の保有期間は「契約終了後5年以内」とされていますが、「契約終了」がいつのことを意味するのかは明確にされていないのです。

業者によっては、完済されるまでは契約が続いているものとして事故情報の登録を続けるところもあります。

また、事故情報は3つの信用情報機関の間で共有されていて、KSCでは完済してから5年間は事故情報が保有されています。

そういうことなのですね…。

でも、返済期間+その後の5年間を我慢すれば、その後は生活への影響はなくなると考えていいですね?

そうですね。

ただ、任意整理後の返済中に滞納すると、それもまた事故情報として登録され、事故情報の保有期間が延びる可能性があるので注意してください。

わかりました。

でも、なかなか厳しいですね…。

たしかに厳しいと思います。

ただ、事故情報が保有されている間は借金したくてもできないのですから、借金癖を治すチャンスだと考えてみるのもよいでしょう。


・任意整理後も完済してから5年間は事故情報が残ると考えるべき

・任意整理の返済を滞納すると事故情報の保有期間が延びる

・任意整理は借金なしの生活を取り戻すチャンスと考えるべき

事故情報が抹消されたか確認する方法

クレジットカードが使えないと何かと不便なのですが、任意整理の完済から5年が経てば、すぐにクレジットカードを作れるんですね?

基本的には大丈夫ですが、クレジットカードを申し込む前に事故情報が抹消されているかを確認した方がよいでしょう。

抹消されていなければ、申し込んでも断られてしまい、その情報もその後のクレジットカードや借り入れなどの審査で不利に働く可能性がありますので。

えっ、5年経てば確実に事故情報が抹消されるわけではないんですか?

事故情報がいつ抹消されるかは信用情報機関の内部処理の問題もあり、正確にはわかりにくいところです。

任意整理で完済した日にすぐに事故情報が抹消されるとは限らず、多少のタイムラグがあるのが実情のようです。

手違いで事故情報が残っている場合もあります。

そんなときは、どうれうばいいのでしょうか?

まず、個人信用情報の開示を求めましょう。

どの信用情報機関でも、スマホで簡単に開示請求ができるようになっています。

完済から5年以上が経っているのに事故情報が残っている場合は、削除の請求ができます。

よくわかりました。

でも、いろいろと面倒ですね…。

そうかもしれませんね。

元通りの生活を取り戻すためには、まず借金問題を早く解決するのが一番です。

債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談して専門的なサポートを受ければ、早期の解決が期待できます。

弁護士や司法書士が味方に付いてくれるのなら安心ですね!早速相談してみたいと思います。

今回はありがとうございました!


・自分の信用情報は開示を求めることができる

・誤って事故情報が残っている場合は削除の請求ができる

まとめ

任意整理をすると信用情報に事故情報が登録されますが、完済から5年が経つと事故情報は消去されます。その後は、以前と同じようにローンやクレジットカードを利用できるようになります。

したがって、信用情報を気にして任意整理を諦めるのではなく、早めに任意整理をして早期に借金を完済した方がよいでしょう。

もし、問題を先送りにして借金が膨れ上がってしまい、自己破産または個人再生をすると信用情報が回復するまでの期間が10年に延びてしまいます。

ひとりで悩まず、早めに債務整理に詳しい弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。

トップへ戻る
24時間365日・全国対応・無料相談債務整理に強い
弁護士・司法書士に相談
タイトルとURLをコピーしました

フリーダイヤル